powered by 大人のレストランガイド
2020/8/24
「ねぎま」のシャモ肉は大きめにカットされている

肉質の柔らかさを堪能できる「ねぎま」はネギの焼き加減もちょうどいい。大きめにカットされたシャモを、好きな酒とともにゆっくりと味わってほしい。

「つくね」は残った肉汁と卵でバケットを食べたい

はじけんばかりのまんまるの黄身にひたしながら食べる「つくね」は最後に残った肉汁と卵でバケットを食べられるのも楽しみのひとつだ。

野菜串2本のうち通年で提供しているのが、絶妙な塩加減を楽しめる「ギンナン」。豊かな香りを満喫できる「キャベツ~トリュフ塩で~」ともに、しっかりとした存在感を残しつつも、奥久慈しゃもを引き立てる名脇役としての役割も果たしてくれる。

「バードランド」が焼き鳥店としてはじめて「ミシュランガイド 東京2010」一つ星店に、その1年後に、自身の「バードコート」も掲載されて以来、他ジャンルの料理人が国内外問わず食べに来ることもあると教えてくれた野島さんに、「逆に外食して自身が学ぶこともあるのか?」と聞いてみた。

すると返ってきたのはこんな言葉。「行きつけのフレンチでは毎度接客の質の高さに感銘を受けます。数カ月ぶりに訪れても、そのときの会話を昨日のことのように振り返ってくれるきめ細やかさには脱帽です。料理人の思いが詰まったメニューも、心からおいしいと思えるものばかり。そのときの感動を忘れず、『真のおいしさとは?』を思いながら気持ちを込めて焼き鳥を焼くようにしています」(野島さん)

はるばる遠方からもファンが訪れるようになっても、客や食材に向き合う気持ちは変わらないまま。これからもずっと、おいしい料理を提供することにひたむきであるのみだ。

<メニュー>

おまかせコース 4000円、6000円 ※価格は税別。※金・土曜日はコースメニューのみ。その他、アラカルトメニューもあります。

バードコート
住所:東京都足立区千住3-68 鹿明ビル1F
電話:03-3881-8818
営業時間 17:30~22:00
定休日 日・月曜
※上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド