2020/8/13

トレンドカラー ブルーの誘惑

近年急速に人気が高まっているのがカラーウオッチだ。中でもブルーの文字盤はビジネスパーソンに人気で、スーツからデニムスタイルまで、どんなスタイルにも溶け込む、カラーウオッチの王道といえるだろう。シンプルなモデルに続く目先の違う2本目の時計を手にしたいなら、こんなブルーのカラーウオッチをまとってみてはどうだろう。

ハミルトン 「ジャズマスター オート」

ジャズマスター オート ケース:40mm、ステンレススチール製、5気圧防水 駆動装置:機械式自動巻き、パワーリザーブ約 80時間 税別価格:10万6000円

アメリカ生まれのハミルトンの時計は個性的で現代的なデザインが特徴。代表的なコレクション、ジャズマスターの中で、初めてローマンインデックスを採用したのがこのモデルだ。ローマンインデックスモデルは日本人に人気が高いといわれる。

仕上げの異なる2層のダイヤルと繊細なカットアウトが施されたインデクスでモダンな印象。文字盤にブルーの美しい陰影が浮かび上がり、深みのある色に仕上がっている。上質なブルーのカーフレザーストラップが使われ、フォーマルなシーンにも映える1本だろう。

ティソ 「シースター 1000 オートマティック」

シースター 1000 オートマティック ケース:43mm、ステンレススチール製、シースルーケースバック、30気圧防水 駆動装置:自動巻き、パワーリザーブ約80時間 税別価格:8万3000円

上品なダイバーズウオッチを得意とするティソ。1950年代に発売されたティソ シースターの名を受け継ぐこのモデルは、30気圧防水、セラミックの逆回転防止ベゼルといった優れた性能を持つ。背面をみればシースルーケースバックからムーブメントの駆動をうかがうことができ、手ごろな価格帯のダイバーズウオッチながら高性能が際立つ。

新作では、昨年あたりから人気が復活している、レトロなミラネーゼブレスレットを採用。ブルーのダイヤルと相まって洒脱(しゃだつ)な雰囲気をまとっている。

ミドー 「コマンダー ブルーシェイド」

コマンダー ブルーシェイド ケース:37mm、ステンレススチール製、5気圧防水 駆動装置:自動巻き、パワーリザーブ最大80時間 税別価格:10万7000円

見つめていると引き込まれるような、ミドーのコマンダー ブルーシェイド。ミステリアスで絶妙なブルーとブラックのツートーングラデーションに独特の存在感がある。エレガントで個性的なケースは、中央にMidoのロゴが刻印されたアクリルガラスで保護されており、一体となったレトロなミラネーゼブレスレットはブラックPVD加工が施され、ビンテージの風合いを強調する。このメッシュベルトは柔らかで装着感抜群だ。人とは違う個性的な時計を持ちたい人にすすめたい。

Watch Special 2022

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2022」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2022はこちら

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE
次のページ
やはり正解 正統派ドレスウオッチ