タクシーの乗り逃げも色々 運転手の「やられた」瞬間鉛筆画家 安住孝史氏

東京・代々木にある小田急線の踏切(画・安住孝史氏)
夜のタクシー運転手はさまざまな大人たちに出会います。鉛筆画家の安住孝史(やすずみ・たかし)さん(82)も、そんな運転手のひとりでした。バックミラー越しのちょっとした仕草(しぐさ)や言葉をめぐる体験を、独自の画法で描いた風景とともに書き起こしてもらいます。(前回の記事は「その距離でタクシー使う? 運転手が考えた大人の事情」

東京の街はタクシーを運転して走っていると、短い時間で街の様子が移り変わり面白いものです。同じ銀座でも、京橋寄りと新橋寄りでは雰囲気が違いますし、東京駅は丸の内側と八重洲口で同じ駅と思えないほどです。新宿駅も東口と西口で目に見えて変わり、南に向かって小田急線の踏切を渡るとすぐ、大学予備校や専門学校に通う若者の街になります。

「六本木で友達を拾いたい」

10年ほど前でしょうか。その小田急線の踏切とJR代々木駅の間で、若い女性が乗ってきました。「六本木に寄ってください。六本木で友達を拾って、赤坂に行きます」とのこと。そして「友達はもう待っていますから」と急いでいる感じでした。

道順を聞いて走り出し、六本木の交差点が近づいたところで「お友達はどのあたりで待っていますか」と聞きますと「交差点を渡ったところで止まってください」と言います。そして停車すると「すぐに連れてくるから待ってて」と降りていきました。長くは止めにくい通りでしたので、やきもきして待ちます。3分、4分……。ちょっと外に出て辺りを見回してもみました。

こうしたケース、多くの運転手は5分を過ぎると「やられた」と思います。乗り逃げです。まだ20歳にもならない年齢にみえましたので、僕も油断していました。考えてみると、友達とは携帯電話でも調整できたはずです。僕が話しかけるまで、ほとんど会話がなかったのも要注意でした。

タクシー運転手はお客様に気楽に話しかけてはいけないことになっています。会社からもお客様とは同じ土俵にあがるな、どんなに若いお客様でも友達口調はいけないと注意されています。僕も話しかけられない限りは黙って運転するようにしていましたが、あまりに沈黙が続くのは不安でした。会話が弾むお客様は、なんとなく人柄もわかりますし、トラブルの心配もまずありません。

乗り逃げされたタクシー運転手は、料金メーターを固定したまま近くの交番に被害を届けます。ただ、このときは届けませんでした。僕は2千円くらいまでの損なら、時間がもったいないので、自分でかぶっていました。交番をさがして手続きを終えるまでそれなりの時間がかかりますから、その間に次のお客様をつかまえることができれば損はカバーできたのです。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
後部座席に置かれた紙袋
今こそ始める学び特集