感染から体守る粘膜免疫 高める食事、ここがポイント

口や喉などの「粘膜免疫」を高める生活習慣は?(写真はイメージ=PIXTA)
口や喉などの「粘膜免疫」を高める生活習慣は?(写真はイメージ=PIXTA)

新型コロナウイルスやインフルエンザ、風邪などの原因となるウイルスや細菌は鼻や口、喉といった「上気道」や、腸管などの「消化管」の粘膜を侵入口として体内に入り込もうとする。上気道や腸管には感染から身を守るための「粘膜免疫」という仕組みがあり、これらを迎え撃つ。とはいえ、疲れやストレスなどで免疫機能が低下すると防ぎきれないこともある。生活習慣や食事で粘膜免疫を維持するにはどうすればいいか探った。

病原体にさらされる上気道の粘膜を守る

まず、ウイルスや細菌といった病原体に立ち向かう、免疫の仕組みの基本を知っておこう。私たちの体には、大きく分けて「ウイルスや細菌を侵入させない」、さらに「侵入を許したら、その敵と戦う」という2段階の仕組みが備わっている。

「侵入させない」ための防衛ラインとなるのが、外界と接している鼻や喉などの「上気道」や、「腸管」などの粘膜だ。

なかでも空気や飛沫を介して病原体にさらされやすい上気道は感染防御の最初の戦場となる。気道の粘膜の上には、これを守る粘液と繊毛があり、細菌などの異物の排除に働く。しかし、気道は腸よりも乾燥しやすく守りが手薄になりやすい場所でもある。「胃液や消化酵素をかいくぐらないと到達できない腸管と違い、上気道は外界と直接つながっているうえに、腸に比べて存在する免疫細胞や抗菌物質も少なめで比較的弱い組織といえる」と、免疫を専門とする医薬基盤・健康・栄養研究所のワクチン・アジュバント研究センターセンター長、国沢純さんは説明する。インフルエンザや風邪、現在感染が拡大している新型コロナ、夏に高熱を引き起こすアデノなどのウイルスは、いずれも上気道が主な侵入口となる。

だからこそ、上気道の粘膜免疫を維持し、同時に、入り口に当たる口腔(こうくう)で働く唾液内の抗菌物質量が減らないような生活習慣を意識して対応したい。こうした守りを固めるのに重要な働きをするのが、実は上気道からは離れた場所にある小腸の粘膜だ。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
疲れ目・かすみ 目の健康守る
注目記事
次のページ
全身の粘膜で病原体を防ぐ主役IgA抗体、小腸がふるさと