powered by 大人のレストランガイド

暑い夏こそ自然派の発泡ワイン 「ペットナット」5選エンジョイ・ワイン(29)

香りや味わいの傾向は自然派ワインと共通点が多い。例えば、使用ブドウは土着品種が多く、酵母も土着の天然酵母のため、多様な風味がある。瓶内二次発酵方式で使われる品種がシャルドネやピノ・ノワールなど一部の人気品種に偏り、風味の傾向が似通っているのとは対照的だ。

亜硫酸塩をほとんど含まないので、口当たりもまろやか。通常、醸造の仕上げに行う「ろ過」をしない場合も多く、例えれば、水で戻した濃縮還元ジュースでなく、果実を絞っただけのストレートジュースを飲んだ時に感じる凝縮感がある。

自然派ワインを専門に扱う東京都内のワインショップに、イチ押しのペットナットを挙げてもらった。

スペイン・カタルーニャ地方の「アンセストラル ダスカ・ビベス」

ウィルトスワイン神宮前のオーナー、中尾有さんがすすめるのは、スペイン・カタルーニャ地方の「アンセストラル ダスカ・ビベス」(2600円、税抜き、以下同じ)。2種類の地場品種のブレンドだ。泡のぷちぷち感が心地よい辛口のペットナットだが、テクスチャー(食感)はクリーミー。果実の甘みを感じ、余韻のタンニン(渋み)が味わい全体を引き締めるスパイスのような役割を果たしている。食前酒としてや、パスタやトマトソースベースの軽い料理にも合いそうだ。

凝縮感がある「セイエル・ノウ・メス メドル・セレクシオ・アンセストラル」

「トロワザムール」(東京・渋谷、https://www.3amours.com/)のおすすめは、同じくスペイン・カタルーニャ産の「セイエル・ノウ・メス メドル・セレクシオ・アンセストラル」(3000円)。こちらも地場品種を使用。完熟した果物をかじった時のような甘みを強く感じさせ、酸味もしっかりしており、爽快感がある。食感はクリーミーで、ストレートジュースのような凝縮感があり、満足感の高いペットナットだ。

フランス・ロワール地方の「レ・カプリアード メトード・アンセストラル ピエージュ・ア・フィーユ・ブラン」

「銀座 カーヴ・フジキ」(東京・中央、https://www.ginza.jp/shop/852)のイチ押しは、「レ・カプリアード メトード・アンセストラル ピエージュ・ア・フィーユ・ブラン」(4000円)。自然派ワインが多いことで知られるフランス・ロワール地方のペットナットで、品種はロワールを代表するシュナンブランが主体。アンズやスモモのような甘酸っぱい香りが広がり、非常にエキゾチックな味わいだ。シュナンブランは酸味の強い品種だが、このペットナットはブドウ由来の甘みもしっかりあり、味わいのバランスにたけている。揮発酸(酢酸)のニュアンスも感じさせ、おつまみには野菜の甘酢漬けがおすすめだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト