育休をきっかけに上司やパートナーとのコミュニケーション量が増える効果もあるという

白河 「取りやすさにこだわったのですね。そして、もう一点、『家族ミーティングシート』など書類の整備も、取得を強力に後押しするポイントになっています。政府も公務員の育休推進をする上で参考にしているようです」

仲井 「奥さんの署名を求めるというのがミソです。要は、パートナーとちゃんと話し合っていただきたいという思いです。しかしながら、会社がそんな心配をしなくても、最近の若い世代は普段からしっかり夫婦で話し合いをしているようですね。『奥さんと話すのを嫌がる声が出てくるかもしれないな』というのは杞憂(きゆう)で、違和感なく受け止めてくれた社員が多かった。私たちの世代とは違うなぁと感心しました」

白河 「むしろ仕事の延長のような感覚で書き込めるシートが介在するほうがやりやすいのかもしれないですね。実際にイクメン休業を取得した社員の方々からはどんな反応が上がっていますか」

仲井 「育休を取得した社員にはアンケートを実施していまして、その回答には全部目を通しています。私が一番うれしかったのは、『部内の女性社員が産育休を取るときに、快く送り出せるようになった』という声があったことです。自分が実際に育休を体験し、当事者になったことでダイバーシティーの感覚を磨くきっかけになるのだと、男性育休の意義を再認識できました」

顧客からも好意的な反応

白河 「おっしゃるとおり、経験するかしないかで周囲への働きかけも大きく変わってくるのでしょうね。逆にデメリットはありましたか」

仲井 「デメリットは特に見当たりませんね。課題は見つけられましたが」

白河 「どういう課題でしょうか」

仲井 「やはり育休に入る前の業務の棚卸しと引き継ぎがしっかりできる人とできない人の差が見えてきました。引き継ぎが不十分なままだと、せっかく休みに入っても会社からの連絡が途切れず、ご家族からも不満が出てしまう。対策としては、事前に上司との面談に使える『イクメン休業取得計画書』のフォーマットを作成しています」

白河 「計画書を埋める作業を通じて、上司との会話が増える効果もあったそうですね」

仲井 「そこが一番の狙いでした。育休に入るにあたって、今取り組んでいる業務を棚卸しした上で、『この期間に休みたい』『この週末はイベントがあるから、もし可能なら数日ずらせない?』といった調整や交渉が生まれる。コミュニケーション量が増えることが、後々にも効いてくるメリットだと感じていました」

白河 「お客さんからの反応はいかがですか。おそらく、ほとんどの業界の経営者が気になるポイントが『顧客から不満が出るのでは?』という点だと思うのですが」

仲井 「それが意外なほどに、非常に好意的に応援くださるお客様が多くいらっしゃいました。新築の住宅をお求めになるお客様がちょうど子育て世代ということもあるのかもしれません。『図面の打ち合わせは2週間後でも間に合うでしょう。それで大丈夫だから、しっかり育休を取ってきてくださいね』と送り出してくださった。『私生活のためにお客様に予定の変更をお願いするのはご迷惑では』と気をもんでいた社員もいたようですが、蓋を開けてみると不満どころか応援してくれる。ありがたいですね」

(来週公開の後編では新卒採用への影響、有休の取得促進など働き方の見直し、女性活躍に向けての取り組みなどを仲井社長に引き続きお聞きします。)

白河桃子
 少子化ジャーナリスト・作家。相模女子大特任教授。内閣官房「働き方改革実現会議」有識者議員。東京生まれ、慶応義塾大学卒。著書に「妊活バイブル」(共著)、「『産む』と『働く』の教科書」(共著)、「御社の働き方改革、ここが間違ってます!残業削減で伸びるすごい会社」(PHP新書)など。「仕事、結婚、出産、学生のためのライフプラン講座」を大学等で行っている。最新刊は「ハラスメントの境界線」(中公新書ラクレ)。

(文:宮本恵理子、写真:稲垣純也)

「白河桃子 すごい働き方革命」の記事一覧はこちら