男性育休1カ月にデメリットなし 積水ハウス仲井社長仲井嘉浩積水ハウス社長(上)

積水ハウスの仲井嘉浩社長
積水ハウスの仲井嘉浩社長

積水ハウスは男性社員が1カ月以上の育児休業を取得することを目指し、2018年9月に「イクメン休業」制度を導入、対象社員すべてが取得しているという。制度導入の狙い、社内に生じた変化、今後の課題などについて仲井嘉浩社長に聞いた。

きっかけはスウェーデンで見た光景

白河桃子さん(以下敬称略) 「内閣府の専門調査会『選択する未来2.0』の報告書に『男性育休の義務化』の文言が明記され、政府も『男性産休』(妻の出産直後の夫を対象とした休業制度)の新設に向けて本格的に動き出すなど、男性の育児参加への追い風が強まっています」

「こういった流れが加速した背景には、企業の先行事例が増えてきたことが非常に効いていると思います。その中でも御社は、独自の『イクメン休業』制度を開始し、3歳未満のお子さんを持つ男性社員の育休取得100%目標を宣言。その目標は初年度で達成され、取得に向けて夫婦間の話し合いを促進する『家族ミーティングシート』や、業務引き継ぎをスムーズに行うための『イクメン休業取得計画書』といったツールを導入した点も、話題になりましたね」

仲井嘉浩社長(以下敬称略) 「はい。ありがたいことに世間からもご注目をいただきまして、制度スタートから1年たった19年9月時点で取得期限を迎えた対象者全員が休業取得を完了しました。休業期間は1カ月間ですが、家庭や業務の事情に応じて4分割までできる設計にしています」

白河桃子さん

白河 「住宅メーカーはお客様と接する営業職が事業を支える業態なので、男性育休導入にあたっては強い決意があったものだと想像します。『イクメン休業』を発想したきっかけは何だったのでしょうか」

仲井 「きっかけは、私が出張先のスウェーデンで見た『ある光景』です。18年6月に、投資家向けのIRミーティングのためにヨーロッパを回り、最終日にストックホルムで先進的なスマートシティーを視察したんです。スマートシティーも素晴らしかったのですが、それ以上に目を奪われたのが近隣の公園の様子で。そこには、ベビーカーを押して歩く人が何人もいたのですが、全員が男性だったんです。

日本では見たことがない光景に衝撃を受けた私は、その日の夜にスウェーデンの官僚の方々と会食した際に、昼間の驚きについて話してみました。すると、『スウェーデンでは、男性が少なくとも3カ月は育休を取るのが普通ですよ』と返されて、さらに驚きまして。帰って調べてみると、確かにそのとおりで、育休期間は16カ月まで延長でき、夫婦が交互で取得する原則になっているなど、非常に充実した制度が整っていることが分かりました。あまりに感動し、帰国後すぐに人事とダイバーシティー(多様性)の担当者に『うちでも何とかならないか』と相談しました」

注目記事
次のページ
まずは1カ月で始めてみよう