夏のステイホーム映画 仕事の悩み解消、旅気分も満喫

夏はステイホームで名作映画を楽しもう
夏はステイホームで名作映画を楽しもう

新型コロナウイルスの感染が再拡大するなか、大きな影響を受けているもののひとつといえば、夏休みの過ごし方。帰省や旅行が思い通りに行かず、ストレスがたまることも。そんなときこそ、おうち時間を有意義に過ごしたいもの。働く女性の仕事の悩みを解消したり、旅気分も味わえたりするオススメの名作映画を厳選して紹介します。

仕事と家庭の両立で生じる悩みに共感

まずは、ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイという豪華初共演が実現した『マイ・インターン』。本作は、世界中で大きな反響を巻き起こした『プラダを着た悪魔』の続編をほうふつとさせる内容となっており、特に働く女性たちから共感の声が多く上がっている人気作です。

『マイ・インターン』Huluほかで配信中 (C)Warner Bros. Entertainment Inc.

主人公となるのは、ニューヨークでファッションサイトを運営しているジュールズ。最高経営責任者(CEO)として成功を収める一方で、優しい夫とかわいい娘が待つ家庭では妻としても母としても充実した日々を送っており、まさに「現代の働く女性の理想像」。一見、完璧にも見えるジュールズですが、裏では公私ともにさまざまな問題と葛藤を抱えていることが徐々に明かされていきます。

そんな彼女の思いに、自らを重ねてしまう人もいると思いますが、人生の窮地を救ってくれたのは、部下として入ってきた40歳年上の新人インターンのベン。年齢と経験を重ねたからこその的確なアドバイスと包容力のある人柄が、ジュールズを人として成長させていくことに。「持つべきものは友」ならぬ、人生の先輩なのかもしれません。ベンの放つ名言は、誰にでも響くものばかりなので、仕事と家庭の両立に悩んでいたり、忙しすぎる毎日に追われていたりしているときにこそ見たい「働く女性のバイブル」ともいえる映画です。

『マイ・インターン』Huluほかで配信中 (C)Warner Bros. Entertainment Inc.

ほかにも本作の見どころといえば、ジュールズのファッション。『セックス・アンド・ザ・シティ2』の衣装デザイナーが担当していることもあり、スタイリッシュであることはもちろんのこと、機能性にも重点を置いたスタイリングがされているので、ぜひこちらもお手本にしたいところです。

注目記事
次のページ
自分の才能を伸ばす大切さを教えてくれる