powered by 大人のレストランガイド

鎌倉カフェの達人が愛す 自宅で水出しアイスのすすめ

「コーヒーは飲む人、時間、場所によって表情が変わる、本当に面白い飲み物」とカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュの堀内隆志さんは語る
「コーヒーは飲む人、時間、場所によって表情が変わる、本当に面白い 飲み物」とカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュの堀内隆志さんは語る

日本の夏は、長くて厳しい。外出先でカフェに立ち寄れば、見た目も涼しげなアイスコーヒーをついつい頼んでしまう。澄んだ香りとほどよい苦みが、神経を鎮め、体にこもった熱気を冷ましてくれる。コロナ禍で在宅時間が長くなるこの夏は、そんなアイスコーヒーの風味を自ら淹(い)れて楽しみたい。湘南カフェ文化の草分け「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」(神奈川県鎌倉市)のオーナー、堀内隆志さんにお薦めの淹れ方を聞いてみた。

ヴィヴモン・ディモンシュの開業は1994年。鎌倉駅東口から伸びる繁華街「小町通り」を脇道に入った先にある。正面はガラス張りで、明るい日差しが開放的な店内を一杯に満たす。夏の看板商品であるアイスコーヒーの品ぞろえも豊富だ。

一つは深煎りのブレンドをネルドリップで淹れた、コク深い「カフェ グラッセ」。店ではボトルで提供し、お客が自らグラスに注ぎ入れる。グラスの中にはコーヒーを豆の形に凍らせたかわいらしい氷が入っている。

「カフェ グラッセ」のグラスに入ったコーヒー豆形の氷は、米国製の シリコーン製氷皿でつくる。オリジナルグラスにも豆のイラストが

同じく深煎りの豆をダッチコーヒー(水出しコーヒー)専用のタワーで入れた水出しのアイスもある。このほか、自家焙煎(ばいせん)したコーヒー豆はどれでも、急冷式(お湯でドリップしたコーヒーを氷の入ったグラスに注いで冷やす)のアイスを提供している。

アイスコーヒーの作り方はこの急冷式と水出しの二通りあるが、堀内さんが自宅で愛飲しているのが、作り置きもきく水出しだ。

「水出しの良さは口当たりが滑らかでのどごしがいいこと。深煎りでも角がとれた優しい味わいになります。だから麦茶代わりにスイスイ飲める。香りや苦み、キレを楽しみたいなら急冷式がいいけれど、日常的に楽しむなら水出しがお薦め。二つの方式を使い分けるといいですね」

堀内さんが自宅で使っている水出しコーヒーの器具。ネット通販なら送料込みで3000円台で買える

水出し専用のタワーは高価で抽出に時間がかかる。だが今は、技術を問わずに短時間で抽出できる安価な器具が販売されており、初心者でも気軽に水出しアイスを楽しめる。堀内さんが自宅で使用しているのはAGCテクノグラス(静岡県吉田町)の「iwakiウォータードリップコーヒーサーバー KT8644-CL1」だ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
次のページ
2時間で抽出完了 深夜の焙煎前にも1杯
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト