元ブルゾンちえみ、ローマへ 仲介役はコシノジュンコ編集委員 小林明

藤原史織さん(左)とファッションデザイナーのコシノジュンコさん
藤原史織さん(左)とファッションデザイナーのコシノジュンコさん

今年3月末にお笑い芸人「ブルゾンちえみ」を辞め、イタリアのローマに留学する準備を進めている藤原史織(30)さん。留学を思い立つきっかけになったのは2年前に出かけたイタリア旅行。藤原さんとイタリアを結び付けた仲介役は、尊敬する師匠でファッションデザイナーのコシノジュンコさん(80)だったという。

イタリア旅行で何を体験したのか? 後にCMに親子役として共演することになる藤原さんとコシノさんとはどんな関係なのか? 独特のファッション感覚の秘密とは? 前回のインタビュー(元ブルゾンちえみ「35億」 発想はビヨンセと桃井かおり)の続編をお届けする。

1日しかいなかったローマ、「観光したい」でなく「住みたい」

――もともとイタリアに興味があったんですか。

初めてのイタリア旅行。ローマのコロッセオ前で(本人提供)

「古代ローマ史は好きでしたが、特に深い思い入れがあったわけではありません。まったく未知の世界だったので、そういう場所に行ってみたかったんです。ある日、マネジャーに『休暇を取るつもりなら、秋の学園祭シーズンは難しい。4月の今しかないよ』と言われ、慌てて3泊4日でローマ、フィレンツェ、ミラノを巡る強行日程を組みました。航空券、ホテルの予約以外はすべて自分でやらないといけない一人旅。スリに遭わないか、釣り銭をごまかされないかドキドキしましたが、久しぶりに『生きている』という実感を味わうことができました」

――どんな場所を観光しましたか。

「事前に調べる時間がなかったので、行きの飛行機の中でガイドブックを読みながら、どこを回るべきか考えていたら、ローマだけでも見るべき場所がたくさんありすぎて、予定していた1日では全然時間が足りない。最初から計画ミスでした。仕方がないのでバチカンはあきらめ、コロッセオやフォロ・ロマーノ、スペイン広場、トレビの泉、カラカラ浴場などベタな観光コースを圧縮して回っただけ。真実の口にも行けていません」

ローマ市内の文房具店で。女性店員がインスタで「ブルゾンちえみ」のことを知っていたという(本人提供)

「でも、街中の文房具店やかばん屋を回れたし、地元の人たちとも触れ合うことができたので、たった1日しかいなかったけどすごく楽しかった。ローマを離れる時には後ろ髪が引かれる思いで『また絶対に来ないと』と決意したくらい。後に回ったフィレンツェやミラノも良かったですが、やはり最初のローマが一番印象深かった。あんなに好きになるとは思いもしませんでした。『観光に来たい』ではなく、『ここに住みたい』と思うようになっていたんですから」

歴史、ラフさ、職人気質…白紙の状態で行くワクワク感

――ローマに留学して何をするつもりですか。

「それ、みんなに驚かれるんですけど、実は具体的な目的は特にないんですよ。わざわざ事務所を退社し、お笑い芸人を辞めてまで留学するんだから、『よっぽどすごいことを計画しているんですよね?』って期待されるけど、本当に何もない。ただローマが好きで、ここに住みたいと感じただけなんです」

――白紙の状態で行くわけですね。

「はい。やっぱり、その場所に身を置いてみないと分からないことって、あるじゃないですか。ローマの街も世界史の中に迷い込んだみたいでステキだったし、地元の人々もラフだけど、長い歴史がありますから、しっかりと地に足がついたラフさと言うんですかね……。繊細さや職人気質もあるし、その微妙なバランスがとても心地よかった。私は時間を守るタイプだし、日本人らしい日本人だと思いますが、ローマのそんなところがすごく新鮮に感じたんです。実際に住めばもっと新たな発見があるでしょうから、今からワクワクしています」

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
イタリア男はチャラくなかった、なぜかイベントで紹介
エンタメ!連載記事一覧