20万円もらってスキルアップ おトクに取れる資格とは最新のお金リテラシーが身に付く! 得するWOMAN講座

日経ウーマン

2020/8/10

「求職中」でも退職後1年以内ならOK

トク トクニャンは制度が使えるのかニャ? 転職して今の会社に入って3年目ニャんだけど。

峯 もちろん! 初めて給付金を申請する場合は雇用保険に加入して通算1年以上たっていればOK。退職した場合も、離職日翌日から受講開始までが1年以内なら大丈夫です。ちなみに、この期間に出産・育児や疾病などで受講を開始できなかった場合、最大19年まで申請の延長が可能。妊娠・出産などで退職しても、子育てが落ち着いた後に学んで、給付金を受けることができますね。

トク ふむふむ。せっかく雇用保険を払っているんだから使わないとソンだよね。じゃあ早速、この「社労士講座」を一丁!

イラスト おおの麻里

峯 受講前に行う手続きをお忘れなく! まずキャリアコンサルタントと面談し、職務経歴やキャリアプランなどを記した「ジョブ・カード」を作成する必要があります。そのほか、本人確認書類や受給資格確認票などをそろえ、受講開始の1カ月前までにはハローワークに申請が必要です。お勤めしながらであれば、講座が始まる2カ月ほど前から余裕を持って準備するといいと思います。

トク どんな資格なら今後のキャリアに役立つか悩むニャ~。

峯 注目度がアップしているのは、キャリアコンサルタント(*1)ですね。最近では「セルフ・キャリアドック」制度を導入して社員のキャリア形成を支援する企業も増え、人事部などの方がスキルアップのために取得されることも多い印象です。社労士事務所の方がより多面的なコンサルティングをするために取得するパターンも。「現在の仕事に生かせる資格」として取得後の満足度も高いようです。また「日本語教師」(*2)の資格は、今後国家資格として認定される可能性があり、コロナ禍が落ち着けば需要が高まりそうですね。

トク お話聞いてたらやる気出てきた! 今年こそ頑張るニャ!

*1 特定一般教育訓練給付金の対象資格だが、まだ対象講座は少なく、多くは最大70%を補助する別の制度「専門実践教育訓練給付金」の対象講座 *2 一般教育訓練給付金の対象資格で、現状「特定~」は対象外

この人に聞きました

峯岸一夫さん
大原学園 社会人広報事業部。大原学園でパンフレット制作やホームページの記事執筆などを担当。行政書士など複数資格を取得、現在は日本語教師の資格に挑戦中。

(取材・文 澤田聡子、イラスト おおの麻里)

[日経ウーマン 2020年7月号の記事を再構成]

注目記事