予算は4万円台 激安ノートパソコンの実力を検証激安ノートPC実力検証(予算4万~5万円クラス)

日経PC21

「Aspire 3(A315-34-F14U/K)」はインテルの廉価版CPUのセレロンを搭載した15.6型モデル。低価格ながら、パソコンのレスポンスを大きく左右するストレージに高速なPCIe接続のSSDを搭載するなど、ユーザーの使い勝手を重視した仕様が光る
「Aspire 3(A315-34-F14U/K)」はインテルの廉価版CPUのセレロンを搭載した15.6型モデル。低価格ながら、パソコンのレスポンスを大きく左右するストレージに高速なPCIe接続のSSDを搭載するなど、ユーザーの使い勝手を重視した仕様が光る
「Aspire 3(A315-34-F14U/K)」(日本エイサー)● CPU:セレロンN4000(1.1GHz )●メモリー:4GB ●ストレージ:256GB SSD( PCIe )●光学ドライブ:なし●ディスプレイ:15.6型(1920×1080ドット)●オフィス:なし●実売価格:4万8000円前後

メーカーの直販サイトや量販店の店頭で見かける10万円を切る激安ノートパソコン。なかには5万円以下の製品もあり、そのあまりの安さに、思わず買おうか迷った人も多いのではないでしょうか。そこで、日経PC21編集部が10万円以下のノートパソコンの実力を検証、価格帯やタイプ別に紹介する。自分の使い方に合った、お買い得マシンを見つけてほしい。今日は激安15型スタンダードPCから予算が4万~5万円前後の製品を紹介する。

激安4万円台から! 低価格でも実用的なモデルを探す

5万円前後でも実用的な製品を入手することは可能だ。この価格帯ではセレロンなどの廉価版のCPU(中央演算処理装置)を搭載する製品が多いが、ワードやエクセルなどのビジネスアプリの使用がメインであれば十分使える。

セレロンを搭載したパソコンでは、日本エイサーの「アスパイア3」に注目したい。CPU以外では最もパソコンの性能を左右するストレージに高速なPCIe接続のSSDを搭載するなど、実用性を重視した仕様が魅力だ。実際、ベンチマークのスコアもワードやエクセルを使用するには十分なものだった。

キーボードもパソコンの快適性を左右する重要なポイントだが、標準的なキー配列で、キーピッチは約19ミリと広く打ちやすい。USBなどの端子類も必要なものは、最低限そろっている。

キー配列は標準的で、キーピッチも約19ミリ(実測値)と広く、打ちやすい。ただし、ストロークは若干浅めで打鍵感は少ない。この点は使う人で評価が分かれるかもしれない

使い勝手という面ではタッチパッドも良好。低価格パソコンでは反応がいまひとつのものも多いが、本機のタッチパッドは反応が良く、2本の指を使って画面を拡大するというようなジェスチャー操作も快適だ。このほか目に優しい液晶パネルや180度開くディスプレーなど、実用面で注目すべき点は多い。

ディスプレーにはブルーライト対策眼鏡と同じ効果を発揮する「Acer BluelightShield 」が搭載されており、長時間の作業でも目が疲れにくい
ディスプレーは180度開くことが可能。ミーティング時など、対面する相手と画面を一緒に確認する際に便利だ
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
まだまだある注目機種
MONO TRENDY連載記事一覧