幕開けは「ショー・マスト・ゴー・オン」(井上芳雄)第74回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。7月20日、5カ月ぶりに劇場の舞台に立ちました。7月20~24日まで日比谷シアタークリエで上演された『SHOW-ISMS』(『DRAMATICA/ROMANTICA』バージョン)です。新型コロナウイルスの感染が再び拡大するなか、ぎりぎりまで本当に幕を開けられるかどうかという状況だったので、最初の曲を歌ったときは感極まるものがありました。

7月20~24日に日比谷シアタークリエで上演された『SHOW-ISMS』(『DRAMATICA/ROMANTICA』バージョン) 写真提供/東宝演劇部

『DRAMATICA/ROMANTICA』は、演出家の小林香さんが手がけるオリジナルのショーやミュージカルのシリーズ『SHOW-ism』の第1弾として2010年に初演した作品です。出演者は彩吹真央さん、JKimさん、知念里奈さん、新妻聖子さんと僕で、僕以外は全員女性。ミュージカルやクラシカルクロスオーバーの名曲を歌って踊るショー形式の舞台です。11年と12年に再演して以来、今回8年ぶりに5人が再び集まりました。

幕が開くまでは正直、不安が大きかったです。ショーとして成り立つのか、お客さまはちゃんと反応してくれるのか、配信でどのくらいの人が見てくれているのか……。そんな思いが入り交じるなか舞台に立って、客席にいるお客さまの姿が見えたときは、思わずこみ上げるものがありました。

最初の曲はクイーンの『The Show Must Go On』。力強い歌だから、泣くわけにいかないと思いながらも感無量でした。歌い終わって、4人の女性を見ると、みんなそれぞれ目が潤んでいます。それだけこの瞬間を待っていたんだ。お客さまもそうだろうし、スタッフもキャストも、みんなが待っていた瞬間だと感じました。

「ショー・マスト・ゴー・オン」はショービジネスの世界でよく使われる言葉。幕が開いたら何があっても舞台を続けなければいけないといった意味合いですが、今は、公演ができなかったとしても自分たちの歩みを止めてはいけないという意味にも広がったように思います。重みがある言葉です。

今回の『SHOW-ISMS』は、公演中止となった最新作『マトリョーシカ』のキャストに加えて、歴代の『SHOW-ism』シリーズのキャストが集ったスペシャル版。僕が出た『DRAMATICA/ROMANTICA』バージョンでは、『DRAMATICA/ROMANTICA』からの曲をメインに、僕とゆみこ(彩吹さんの愛称)さんが出演していた『∞/ユイット』からの1曲をはさんで、『マトリョーシカ』のキャストが劇中の4曲を披露するという構成でした。一方、7月28日から8月4日までは『マトリョーシカ』バージョンとして、2時間半の上演予定を85分にアレンジした『マトリョーシカ』を中心に、他の歴代キャストによる演目を上演しています。コロナ禍の今だからこそ生まれた、皆で協力して作り上げた舞台といえるでしょう。

急きょ決まった公演なので準備期間は短く、稽古は6日間でした。もちろんマスクやフェースシールドをつけての稽古です。振り付けも、今までは手と手を交わしたり、人の近くを移動したりしていたのですが、今回は「近すぎるね」などと話し合いながら、ディスタンスを取りながらの創作。以前に比べて動きは少なくなりました。PCR検査も関係者全員が受けて、陰性が証明されてから開幕に臨みました。

注目記事
次のページ
8年前とのいろんな違いを実感
今こそ始める学び特集