powered by 大人のレストランガイド

かき氷にカレー、洋食 昼は別の顔「二毛作」居酒屋

夜は居酒屋の「博多屋大吉」は、昼の「純氷かき氷 大吉」で「丸ごとメロンミルク」(税込み1350円)を提供する
夜は居酒屋の「博多屋大吉」は、昼の「純氷かき氷 大吉」で「丸ごとメロンミルク」(税込み1350円)を提供する

新型コロナウイルスの影響で、特に夜の営業が中心の居酒屋は苦境に陥っている。そこで昼にランチとは全く違う業態を展開する「二毛作店」として生き残りをかける居酒屋が出現しはじめた。かき氷店、カレー店、洋食店など、客にとっても魅力的な昼間の店で、新しい食体験が楽しめるようになった。

国内17店、海外17店を展開しているKUURAKU GROUPは、居酒屋4店舗にて昼だけかき氷専門店をスタートした。5月30日に「生つくね元屋 北千住店」にて「純氷かき氷 ゲンヤ堂 北千住店」を、6月2日に「博多屋大吉」(東京・銀座)にて「純氷かき氷 大吉」を、6月6日に「生つくね元屋 町屋店」にて「純氷かき氷 ゲンヤ堂 町屋店」を、同日「くふ楽 本八幡店」にて「純氷かき氷 楽 本八幡店」を開店。どの店も昼12時から午後4時30分まで営業し、それ以降は居酒屋に変わる。

同社の店舗はもともと外国人客にも人気で、トリップアドバイザーのエクセレンス認証も受賞している。東京・銀座の4店舗の中には約6割がインバウンド客という店もあり、毎月1000万円以上を売り上げていた。だが新型コロナウイルスの影響で、そのうち3店舗が売り上げが半減してしまった。

「緊急事態宣言後、再び店を営業しても海外からの外国人客が見込めない中で、どうやって戦ったらいいのか。テークアウトやランチは競合が激化し、すでにレッドオーシャン。何か良い方策はないのかと考えた時、当社の海外店舗で導入を検討していたかき氷店のことが思い浮かんだのです」と説明するのは、同社外食事業本部マネージャーの大久保裕貴さん。

同社はスリランカでも焼き鳥居酒屋を展開。暑い国なので、現地ではアイスクリームなどがよく売れるが、日本のようなかき氷はまだなく、それを現地で売るために数年前から氷の研究やかき氷市場を調査していた。

「これから日本は夏なのでちょうどいいかも」と急きょ、かき氷店を国内で始めることに。開店準備に費やした期間はたったの1週間。もともと自社内でチラシのデザインなどを手がけていたからこそのスピード対応で、5月末から立て続けにオープンすることができたのだ。

左は「いちごミルク」(税込み950円)、右は「いちご」(税込み880円)

近年、口に入れるとスッと溶けてすぐになくなる「ふわふわかき氷」がはやっているが、同店のかき氷は、「純氷」というマイナス約10℃でゆっくり凍らせた氷を使用。削り具合を調整することで、すぐには溶けず、シャリシャリ感とふわふわ感の両方が味わえるように工夫した。「猛暑になるといわれている今年の夏にはピッタリだと思います。すぐに溶けるとテークアウトに向かないですし」と大久保さん。

味はメロンやイチゴ、マンゴー、宇治金時などをそろえるが、かき氷にかけるシロップは市販のものではなく、店内で果物からていねいに抽出した果汁で作った自家製フルーツソース。甘すぎず素材の自然なおいしさを楽しめ、果実ものっている点が人気だ。

大久保さんは、「スタッフ1~2人で営業できるので夜営業よりも利益率が高いですし、昼に来店してみて『密』ではない店だと知り、夜に子連れ家族で来てくださったお客様もいて、相乗効果も感じています」と手応えを感じている。

かき氷は若い女性だけでなく、中高年の男女などにも人気だ。今後は秋の食材なども使って新しいかき氷も考えていくという。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド