ThinkPad T14s 手ごろ価格で自宅・会社の行き来も快適戸田覚の最新デジタル機器レビュー

レノボ・ジャパンから新たに登場した「ThinkPad T14s Gen 1 (AMD)」
レノボ・ジャパンから新たに登場した「ThinkPad T14s Gen 1 (AMD)」

今回は、レノボ・ジャパンから新しく登場した「ThinkPad T14s GEN1(AMD)」をレビューする。14インチ液晶を搭載するThinkPadとしては「X1 Carbon」の人気が高い。これと比較すると、ThinkPad X1 Carbonの重さが1.1キロ前後なのに対し、ThinkPad T14sは1.3キロ台とやや重い(重さは構成によって異なる)。ThinkPad X1 Carbonほどモバイルを突き詰めているわけではないが、十分に軽く、価格も比較的手ごろなのがThinkPad T14sシリーズなのだ。

中でも今回紹介する「ThinkPad T14s Gen 1 (AMD)」は、CPU(中央演算処理装置)に一般的な米インテル製品ではなく、米アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)製の「Ryzen(ライゼン)」を採用し、価格の割に性能がとても高いのが特徴だ。

気になる価格は、レノボの公式オンラインサイトで12万円前後から(税込み、同サイトは継続的にキャンペーンを実施しており、価格は随時変動する)。CPUに「Ryzen 7 Pro 4750U」を搭載し、16ギガバイト(GB)のメモリー、512GBのSSDを備える最上位モデルでも16万~17万円程度(同)で入手できる。

ThinkPadらしい真っ黒なデザインを採用する
ThinkPad T14sは、キッチンスケールの実測で1.3キロ台
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
本体は若干大きい
MONO TRENDY連載記事一覧