関水渚 見ているだけで優しい気持ちになる醤油さし

若手女優の注目株の関水渚さん
若手女優の注目株の関水渚さん

2019年の映画『町田くんの世界』で数多くの新人賞に輝き、今年は『カイジ ファイナルゲーム』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』など話題作に起用が相次いでいる新進女優の関水渚さん。22歳の彼女が見せてくれたのは、陶芸家・増田光さん作の醤油(しょうゆ)さしだった。

見るだけで癒やされる、シロクマの醤油さし

「クマがクマの帽子をかぶって、醤油さしになっていて。かわいくないですか? 私は陶芸には詳しいわけじゃないんですけど、この増田光さんの作品だけはすごく好きで。動物をかたどった作品が多くて、見ていて優しい気持ちになれるんです」

「増田さんのことは、たぶん何かの記事を読んで、興味を持ったんだと思います。それで1年半くらい前に個展に行ったら、なんだか変わった曲が流れていて、スクリーンからクマが大量に流れてきて(笑)。増田さんの世界がじわりじわりと染みてきて、すっかりハマっちゃいました」

関水さんが「魅了されたモノ」だと紹介してくれたのは、陶芸家・増田光さんの作品

「その時、ギャラリーで買ったのが、この醤油さしなんです。値段は4000~5000円だったかな。作家さんの作品ですけど、手が届く値段だったので、1つ選んで。これにした理由は、このクマが、めちゃくちゃ輝いていたから(笑)。それに、何か訴えかけている気がしません? ぬいぐるみとかと同じように、『何か言っているんだろうな』と思うんです」

増田さんは1985年生まれ。武蔵野美術大学卒業後、愛知県常滑市で創作を続けている陶芸家だ。ライオンや鳥など、さまざまな動物をモチーフに食器やオブジェを制作しているが、なかでも人気なのが、愛嬌(あいきょう)たっぷりのクマのシリーズだ。

「私、クマが好きなんです。特にシロクマが好き。増田さんのシロクマは、みんな表情が違うんですよ。繊細で、本当に生きている感じがするのが好きなところです」

「今年も都内で個展があったので行ったんですけど、開場してから2時間くらいしかたっていないのに、もう買えるものがあまり残っていなくて。その時は、コアラのお皿を買いました」

「醤油さしもお皿も、もったいなくて使えない。部屋の棚に飾って、見て、ただただ癒やされています」

「増田さんが展示会場にいらっしゃっていて、少しだけお話をしたことがあります。ただ、どんなことを話したらいいのか分からなくて、一緒にいた友達がうまい具合に話してくれました(笑)」
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ダー子とマレーシア料理に感動
MONO TRENDY連載記事一覧