「かき氷」が熱い 濃い歴史と甘くないサイエンス立川談笑

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

いよいよ8月。本格的に暑くなると恋しくなるのが、かき氷。ここ数年、はやってますよね。まさにかき氷文化爛熟(らんじゅく)時代です。インターネット上では「行列のできるかき氷屋さんランキング情報」が飛び交い、全国の名店が自慢の逸品に工夫をこらし、氷とともにしのぎを削っています。

「氷はマッターホルンの天然氷を使用。南仏直送のラフランスだけを使った自家製シロップとトッピング。和三盆と国産本わらび粉を100パーセント使用したわらび餅がアクセント。氷はNASA(米航空宇宙局)が開発した最新技術でナノレベルに削られて、その食感は、ふわっとろっ!」みたいな。わはは。なーんてこれは架空ですが。そんな風に洗練された最先端のかき氷の数々が、おしゃれで涼し気な画像としてインスタグラムにあふれています。かき氷映えに次ぐかき氷映え。

学生時代に「フラッペ」登場

さてさて。スイーツに詳しいわけでもない私としては、そんなかき氷の知られざる歴史や周辺について探ってみます。

まずは昔話から。50歳代の私が育った東京下町では、かき氷といったらイチゴ味やメロン味、レモン味なんて色鮮やかなシロップをかけるのが定番でした。子どもはみんな真っ黒に日焼けして、男の子はランニングに半ズボン姿。虫かご下げて夢中で炎天下を駆け回って、扇風機の前でありついたかき氷がうれしかった。頭がキンキンしながら最後の一口を飲み終えた後には、ベーと舌を出してその染まり具合を確認しあう。あの暑さもすべてひっくるめて、かき氷を食べる醍醐味だった気がします。

そういえばあの頃の「氷いちご」「氷メロン」などの「氷○○○」という呼び方からして今ではずいぶん古いスタイルなのかもしれません。ずいぶん後になってブルーハワイが登場したときには、もはや「氷ブルーハワイ」とは言わなかったもの。

また当時は「氷水(こおりすい)」または「すい」ってのがありましたっけ。透明な甘い密をかけるだけの。なんとも大人な雰囲気のかき氷でした。小手先の派手さには左右されないぞ、って感じで。あれ、地域によっては「かんろ」「みぞれ」「せんじ」とも呼んだんですね。

学生時代には、かき氷を「フラッペ」と称して喫茶店で出してました。かき氷にアイスクリーム、生クリーム、色とりどりのフルーツなんかがトッピングされると、洋風な雰囲気をまとってフラッペに進化する。それまでパフェなどアイスクリーム領域にとどまっていた喫茶店の大人客を、かき氷側に取りこんだ。あれはナイスアイデアでしたね。

調べたら、昭和30年(1955年)ごろにかき氷機を扱う調理機器の大手メーカーが名称を考案したと分かりました。仕掛け人、発見。販売戦略が当たった。今風に言うとバズったのか。喫茶店はかき氷機をこぞって導入したんでしょうね。おっと、家庭用かき氷機で一大ブームを起こしたのも同じ会社だって。すごいなあ。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
夏の氷が庶民に届くまで
エンタメ!連載記事一覧