リモートワークの感情ケア 解析システムやアプリ登場

Empathの「リモトーキー」システムはビデオ会議参加者の感情や意欲を表示する。写真は表示画面の一例(同社提供)
Empathの「リモトーキー」システムはビデオ会議参加者の感情や意欲を表示する。写真は表示画面の一例(同社提供)

リモートワークの増加など勤務形態が大きく変わる中、企業にとって従業員のメンタルの状態を的確に把握することがますます重要になっています。ビデオ会議での発言パターンから参加者の感情を解析するシステムや、従業員が相互にほめあうことでモチベーションを高めるアプリなどが登場しています。

人工知能(AI)を使った音声解析のEmpath(エンパス、東京・渋谷)は、ウェブ会議中の参加者の発言の量や感情を解析するシステム「リモトーキー」を開発、4月に企業への試作版の提供を始めました。

同社は話し手の音量や抑揚などの音響データから、その人の気分や感情をリアルタイムでAI解析する技術を持ちます。リモトーキーは会議中に参加者の音声を解析。会議が終わると「活性度」「発話量」「音量」の各評価を示し、自分のメンタル状態がわかります。

今後は会議主催者が参加者の状態を把握できるようにする予定です。同社最高戦略責任者(CSO)の山崎はずむさんは「参加者の感情が沈んでいるとわかったら、管理者がすぐに気付いて声掛けできるような仕組みにしたい」と話しています。

感情解析のクラウドサービスを手がけるエモーションテック(東京・千代田)は、従業員の会社に対する信頼感や愛着度合いを調査するサービスを提供しています。世界的に使われている、従業員の組織への信頼や愛着を定量的に測定する指標「eNPS」を、ウェブアンケートなどを通じて計測。改善策をアドバイスします。

一般社団法人のピアトラスト(東京・新宿)は、企業の上司や部下、同僚がお互いの仕事ぶりを称賛しあうスマートフォンアプリの提供を始めました。「チャレンジの姿勢」「他者への思いやり」「アイデアが豊富」「ロジカル(論理的)である」「正義感」といった6種類のカードをやりとりするこのシステムは、改ざんが難しいブロックチェーン(分散型台帳)技術を使っています。

日立製作所は従業員の幸福度を計測するスマホアプリを開発。7月に事業化を目指した新会社「ハピネスプラネット」を設立しました。従業員の端末に搭載した加速度センサーで体の動きから幸福度を計測します。AIが従業員向けにその日の行動を推奨する機能もあります。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
山崎はずむ・Empath最高戦略責任者「感情解析、満足度
今こそ始める学び特集