コロナで留学中断、急ピッチで就活 進路変更の学生も就活探偵団

海外留学組にとって就活は例年課題だが、今年は想定外に早く向き合っている(写真はコロナ禍以前の留学経験者が大学職員に相談する様子)
海外留学組にとって就活は例年課題だが、今年は想定外に早く向き合っている(写真はコロナ禍以前の留学経験者が大学職員に相談する様子)

新型コロナウイルスが海外で学ぶ日本人留学生を直撃した。感染防止のために帰国を余儀なくされ、突如始まった就活に悪戦苦闘している。語学力と国際感覚を身に付けた留学経験者は企業からみれば垂ぜんの的のはずだ。それなのに日本人留学生が苦しむのは日本独特の採用慣習に問題があると言えそうだ。

「予定が狂ってしまった」。九州地方の国立大学4年の女子学生は悔しさをにじませる。2020年3月に欧州に留学に飛び立ったのもつかの間、新型コロナの影響でたった2週間で帰国を余儀なくされたのだ。

もともとは大手商社志望だった。留学を決めたのもそのためだ。3年生の夏に大手商社のインターンシップ(就業体験)に参加した際、参加者の中にいた留学経験者がキラキラ輝いて見えた。「私も海外で経験を積んで、選考で留学したことをアピールしようと思った」

しかしシナリオはあっけなく崩れた。帰国した3月は、一般学生がすでに会社研究やオンライン説明会の参加などで動き出していた。「完全に出遅れている」。焦りは募り、自動車販売会社や不動産会社など受けられるものは片っ端から受けた。6月下旬に地方の商社に滑り込み、就活を終えた。

やはり結果には納得はしていない。新型コロナが収束したら、ワーキングホリデーなどの制度を使って海外に行き、スキルアップして大手の商社に転職するのを夢見ている。

新型コロナの影響で外出制限や都市封鎖(ロックダウン)に遭い予定が狂った(日本人留学生が撮影したフランスの大学構内の様子)

海外での就職を希望していた人も進路変更を余儀なくされた。英国の大学に在籍しつつフランスの大学に留学中だった男性は、パリにある国際機関でインターンシップに参加する予定が、新型コロナで立ち消えになった。

海外の国際機関への就職を考えていたが、新型コロナの収束が見えないため難しいと判断。今は帰国し、日本のコンサルタント企業や国家公務員に照準を切り替えた。慣れない日本での就活に戸惑いは隠せないが「個人の欠陥ではない。話せば採用担当者も理解してくれる」と自分に言い聞かせる。

300人弱が帰国

新型コロナの影響で今春、多くの留学生がプログラムの途中でやむを得ず帰国した。都内のある私大では、海外留学中だった300人弱の学生が帰国したという。入学時から留学のための準備を入念に進め、就活との両立を進めようとしていた学生も多い。

大手就職情報会社のディスコ(東京・文京)が日本から海外に留学した人を対象に20年4月にまとめた調査によると、新型コロナによる就活への影響について「とても影響がある」と答えた人が59%、「やや影響がある」と答えた人が34%で、合わせて9割以上が何らかの影響があると認識している。

一方で早期帰国を前向きに捉えた人もいる。上智大4年の男子学生は19年8月から米国ルイジアナ州にある大学に留学していた。本来であれば20年6~7月に帰国予定で、就活を本格化させるのはそれからだと考えていた。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
国内留学も手
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録