楽天、UQ、ワイモバ… 格安スマホ、料金お得なのは佐野正弘のモバイル最前線

日本通信は完全通話定額を実現

より低価格を求めるならMVNO(仮想移動体通信事業者)のサービスも選択肢に入ってくる。MVNOは携帯大手から回線を借りてサービスを提供しているため、昼間の通信速度が低下しやすい、サポートが弱いなどのデメリットはあるものの、利用できるエリアは大手と変わらないし、楽天モバイルやサブブランドよりもさらに安価なプランも多い。

中でも注目はMVNOの老舗、日本通信が7月15日から始めた「合理的かけほプラン」。これはNTTドコモの回線を用いたサービスで、音声通話が完全かけ放題、最大3GBの高速データ通信を月額2480円で提供する。同社がNTTドコモに通話回線のレンタル料の値下げを求めていた問題で、総務省がドコモに値下げを求める裁定を公表し、レンタル料が下がったため、割安な新料金プランを導入できた。

日本通信が新たに提供を開始した「合理的かけほプラン」。月額2480円で、音声通話が完全かけ放題だ(出所:日本通信)

これまで5~10分の通話定額サービスを提供するMVNOはいくつか存在したが、利用するには専用アプリを使って電話をかける必要があり、通話品質が落ちる、緊急通報用電話がかけられないなどの弱点があった。これに比べて日本通信の合理的かけほプランは、通常の音声通話と同じ方法、同じ品質で何時間話しても追加料金がかからないことから、通話主体に利用している人には非常にお得なプランといえる。

またデータ通信容量は月当たり3GBだが、それを超過した場合でも1GB当たり250円で容量を追加できる。トータルで10GB利用した場合でも4230円で済む計算だ。携帯大手のメインブランドの場合、1GBの追加に1000円前後かかることを考えれば、かなり安価に利用できることがわかるだろう。

確かに携帯大手はショップによる手厚いサポートやサービスが充実しているし、最新のiPhoneなどスマホのラインアップが充実している。だが最近は、ほとんどの手続きがオンラインや電話で済むし、低価格で高機能・高性能のスマホも増えている。スマホの使い方にある程度慣れている人なら大手のメインブランドにこだわる必要性は薄らいでいる。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧