楽天、UQ、ワイモバ… 格安スマホ、料金お得なのは佐野正弘のモバイル最前線

楽天対抗を打ち出したサブブランド

「新規参入の楽天モバイルはまだ不安」というのであれば、携帯大手のネットワーク品質を低価格で利用できるサブブランドの利用を検討したい。サブブランドとしてはソフトバンクの「ワイモバイル」と、KDDIが別会社のUQコミュニケーションズから今秋の事業承継を予定している「UQモバイル」がある。両ブランドともに楽天モバイルの本格参入を受けて対抗プランを打ち出している。

そのうちUQモバイルが6月1日に提供開始した「スマホプランR」は、月額2980円で10GBの高速データ通信が可能、通信量が10GBを超過した後も最大1Mbpsでの通信が可能であるなど、Rakuten UN-LIMITを強く意識したプランとなっている。データ通信が使い放題になるわけではないが、場所を選ぶことなくどこでも10GBの通信量が利用でき、しかも余った通信量を翌月に繰り越すことも可能なので、楽天モバイルのエリア外に住んでいる人はこちらの方が魅力的だろう。

ただしスマホプランRは、音声通話が30秒20円の従量制となる。通話を頻繁にするなら、通話し放題となる「国内通話かけ放題」(月額1700円)や「国内通話10分かけ放題」(月額700円)などのオプションを一緒に契約する必要があるので注意しよう。

UQモバイルの「スマホプランR」。割引なしで月額2980円、10GBの通信量超過後も最大1Mbpsでの通信が可能であるなど、楽天モバイルを強く意識したプランだ(出所:UQモバイル)

ワイモバイルも、従来提供していた料金プランのうち、月額3680円の「スマホベーシックプランM」と、月額4680円の「スマホベーシックプランR」の内容を改定。スマホベーシックプランMの通信量が9GBから10GBに増量された(スマホベーシックプランRは14GBで据え置き)ほか、どちらのプランも通信量超過後の通信速度が最大128kbpsから1Mbpsに高速化された。

ワイモバイルの「スマホベーシックプランM」は7月1日からデータ通信量が10GBに増量された(出所:ワイモバイル)

このうちRakuten UN-LIMITやスマホプランRの対抗プランとなるのはスマホベーシックプランMとなる。料金がやや高いように見えるが、スマホベーシックプランMは1回10分以内の国内無料通話が標準で付いているので、実はスマホプランRに国内通話10分かけ放題をプラスしたのと同じ金額なのだ。

加えてスマホベーシックプランMには「Yahoo!プレミアム」が無料で利用できるなどの特典が用意されている。通話の回数が多く、「Yahoo! Japan」「PayPay」などヤフー関連のサービスを利用しているなら、こちらを選んだ方がお得といえる。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
日本通信は完全通話定額を実現
MONO TRENDY連載記事一覧