私の天敵、水太り・むくみ ストレッチでジワッと撃退

私は湿度に弱い体質らしく、梅雨から秋にカラッとした空気が戻って来るまでは、水太りとむくみに悩まされる。

朝起きると顔がパンパンになっていて、歯を磨きながら鏡の前でげんなりすることが増えるのだ。むくんだ顔は老けて見える。五十代後半だからある程度の老けは、むしろ味わい深い顔になったとも評価できるのだが、むくみのせいとなるとそこは違って、味わいより疲れに見えてしまう。鏡の中のむくんで疲れた顔をじーっと見つめていると、化粧ではごまかし切れない、これまでの人生のあれやこれやを回想して、しばし負のスパイラルに陥る。

背後で慌ただしく朝の支度をしている夫。廊下に脱ぎっぱなしの靴下がポイ、ポイ。私の疲れの十分の一は、あの靴下のせいなのだわ……。

そこから救い出してくれるのは、現実を刻々と刻み続ける時計の音。ここで止まっていても時間の無駄。

お風呂に入ってしっかり汗を出し、体液の循環が戻ったところで、こういう時のためにいつも冷蔵庫に数枚用意してある冷やしタオルで顔を覆う。裏返してもう一回。ぬるくなったら新しい冷やしタオルで同じことを繰り返す。

完璧とは言えないまでも、これで何歳分かは表情が若返ってくる。更に引き締め用美容液とクリームを塗って、首筋をマッサージ、頬骨の下、目の周り、頭部のツボなどを押していくと、二十分位でとりあえず、なんとかなる。

あまりにむくみが続いたので病院で診てもらったこともあったが、特に異常は見つからなかった。寝る前の塩分や水分の取り過ぎに注意して、適度に運動するようアドバイスされた。それでもむくみの悩みは自律神経の不調などが関係していることも少なくないそうで解消しづらい。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
疲れ目・かすみ 目の健康守る
注目記事