powered by 大人のレストランガイド

元美容師の野菜たっぷりイタリアン 東京・代々木上原

2020/8/3
「真鯛のアクアパッツァ」は鮮度のいいアサリのうま味が決め手

スキレットで提供される「真鯛のアクアパッツァ」は香ばしく焼いたマダイを、アサリ・ムール貝・ニンニク・アンチョビ・香草・プチトマト・オリーブなどとともに蒸し煮にした一皿。「鮮度のいいアサリからでないといいうま味が出ないので、使うものにはとことんこだわっています」(西井さん)

アサリとムール貝から溶け出したエキス、香草やニンニクの香りが凝縮したスープは絶品。淡泊さとほのかな磯の香りを持つマダイに複雑なうま味のスープがたっぷりしみこみ、後をひく味だ。「本格的な料理を気軽な価格で食べられて、見た目でも驚きを感じていただきたいんです」という西井さんの思いが、差し出される料理のすべてにつまっている。

ワイン通でなくてもスタッフが相談にのってくれる

ワインはビオワインを中心にセレクト。ロゼも多数そろっているので、普段ワインを飲まない人でも、スタッフに相談しながらお気に入りの1杯をぜひ見つけてみよう。

さて、このエリアを知り尽くした西井さんが感じる、西原の魅力に迫ってみよう。

「西原は高級住宅街なので、住んでいる人にゆとりが感じられて安心感があります。そして食通の人、自分の好きなものをはっきり持っている人が多いと感じます。『自分』を持っていて、考え方がおしゃれな人が多いんですよ。だから、話をして面白いんです。そこが大きな魅力ですね」

飲食店もこだわりを持った店が多いためか、非常に仲がいいという。「仲がよすぎてちょっと困る時もあるほどです(笑)。飲食店としてはライバルではありますが、お互いの店に行き来して情報交換もしますし、自分の店が満席の時は要望が近そうな店に電話をして空席があるか聞き、紹介することもありますよ」

店内の本棚には山の写真集や、登山をテーマにした小説が多く並ぶ。実は西井さんは登山ガイドの資格取得を目指しているほどの山好き。特に好きなのが北アルプスと南アルプスで、一時は店が休みの日に毎週、山に登っていたこともあるという。

店名の「funicula」は世界最古のCMソングといわれるイタリアの登山電車の宣伝曲「フニクリ・フニクラ」に由来している。「店の前の急な坂道がまるで登山鉄道のようで、初めて見た時『このまま山に登っていけそう』と思って(笑)、あの曲が頭に浮かんだんです」(西井さん)

厨房を切り盛りするのは西井さんとスタッフ3人の計4人。オープンキッチンなので満席の時の忙しさが手にとるように伝わってくるが、西井さんは至って冷静で、スタッフとのコミュニケーションも穏やかかつていねいに行う。そこに山を愛する男のたくましさ、繊細さが感じられる。西井さんの作る料理が、本格的でありながら、どこか優しく、安心する味わいなのはそのためなのだろう。

同店が位置するのは小田急線「代々木上原」駅東口を出てすぐのところ。中へ入ると、カウンターが12席と2人がけのテーブルが1卓。元は天ぷら店だったという店内はどことなく和の雰囲気が残っていて、ホッとする温かみが感じられる。ぜひ、シェフの姿を見ながら、ワインを傾けてゆったりとくつろいでいただきたい。

奥のフロアにはテーブルが4卓(12席)、まるで友人宅に訪れたかのような温かい雰囲気がうれしい。仲間と家族と、時を忘れてわいわい過ごすのにぴったりだ。

<メニュー>

冷前菜の盛り合わせ 1500円 / たことじゃがいもとアボカドのサラダ 1000円 / 季節野菜のロースト アンチョビクリームソース 1300円 / 真鯛のアクアパッツァ 1800円 ※価格は税別。

funicula(フニクラ)
住所:東京都渋谷区西原3-1-1
電話:050-3477-2195
営業時間 火~日17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 月曜、不定休
公式HP https://www.facebook.com/funichlifunicula
※上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト