雨・風・日差しもこれ1本 ビジネス用折り畳み傘3選

「MEetTE」の使用例

雨の降り方は様々だ。傘を持たずに出かけた際のにわか雨に泣かされ、風をともなう雨では、傘の骨が折れたり、傘が風にあおられたりして、洋服や手荷物がずぶぬれになってがっくり肩を落とす。一転、青空が広がれば、一気に夏の日差しが強まり暑さにとまどう。そこで最近、各メーカーは安い軽い小さいだけではない、雨、風、そして日差しにも対応できる折り畳み傘を出してきている。ビジネスグッズを数多く取材している納富廉邦氏が、実際に使ってみて便利だったという最新の折り畳み傘を3点、紹介する。

日傘としても使えて風にも強い

世界で初めて折り畳み傘を販売し、ドイツでは折り畳み傘の代名詞にもなっているクニルプス。もともとクニルプスの傘は、ほとんどがUVカット機能を持っていて、日傘としても使えたが、今回、それに加えて、遮光、遮熱の機能も備え、しかもビジネス向きのデザインに仕立てた「T.220RS」(8500円・税別、以下同)を発売した。これが、使ってみると手放せない逸品なのだ。

クニルプスの折り畳み傘は、メインの骨にはグラスファイバーを使い、風にも強く撥水(はっすい)機能も優れ、しかもワンタッチで開閉する、とても完成度の高い製品だ。さらに今回は、雨や風に対する機能やコンパクトさ、開いたときの大きさなど傘としての機能はそのままに、日傘としての機能を強化してきた。これが明らかに、体感温度が変わるほどの性能だった。色はシックなソリッドブルーと爽やかなストライプ。より風に強く、耐久性のある「T.220RS」のような8本骨のタイプは少し重くて畳んだときに太く感じるという人には、6本骨の「TS.220RS」(7000円)も用意されている。強風地域で使うことが少なければ、こちらも良い選択肢だ。

クニルプス「T.220RS」8500円。写真のソリッドブルーの他、ストライプもある。赤いボタンを押すと自動開閉する
実際に使ってみると、炎天下でも木陰レベルの涼しさが得られた。もちろん、雨傘としてのスペックも折り紙付き
注目記事
次のページ
軽くてスマートな形状で持ち歩きやすい
今こそ始める学び特集