羊蹄山・開聞岳・鳥海山・大山… 郷土の「富士」10選

1位の羊蹄山(ようていざん)=蝦夷(えぞ)富士(北海道)
1位の羊蹄山(ようていざん)=蝦夷(えぞ)富士(北海道)

「○○富士」と呼ばれ愛されている山が全国にある。思わずカメラを向けたくなる雄大で均整のとれた姿。そんなフォトジェニックな郷土富士を専門家が選んだ。

■1位 羊蹄山(ようていざん)=蝦夷(えぞ)富士(北海道)840ポイント
どの方角からも整った山容

日本百名山に名を連ねる北海道を代表する名峰。「富士山の写真に混ぜても一般の人は気づかないのではないか」(萩原浩司さん)との評もあった。並び連なる山がない独立峰であるのに加え、「山裾を広げ、どの方角から見ても整った山容が望める」(佐藤孝三さん)点でも本家に酷似している。6人の専門家が1位に選んだ。

富士山と見まがうのはそのシルエットだ。「山頂部にかけて傾斜が急になるラインは浮世絵の富士山ともマッチする優美さ」(小林政能さん)。北海道ならではのスケール感や冠雪時の白と青のバランスも富士を彷彿(ほうふつ)とさせる。これからの季節は「羊蹄山をバックに花畑が広がる写真映えスポットが周囲に多くある」(王麗華さん)。

迫力と優美さだけではない。動植物の宝庫でもある。「夏は高山植物が楽しめ、近くに有珠山のジオパークや雪解け水が湧き出す名水スポットなど見どころが多い」(森順子さん)。「JR比羅夫駅に宿があり、そのまま登れる珍しい山でもある」(小塩稲之さん)

(1)1898メートル(2)http://www.town-kyogoku.jp/kanko-event/mounnt-yotei/

■2位 開聞岳(かいもんだけ)=薩摩富士(鹿児島県)740ポイント
海面から立ち上がる裾野

薩摩半島の南端部に見事な三角すいのシルエットを描く日本百名山の秀峰。錦江湾の入り口の「海門」にあることが名前の由来だという。傾斜は富士山よりやや急だが、どこから見ても整った形をしている。JR最南端の西大山駅からの眺めも有名だ。「麓のひまわり畑から見る景色は夏のイメージそのもの」(城市奈那さん)でフォトジェニック。海に突き出た特異な立地で、「海辺や茶畑を前景に入れて眺める開聞岳はまさに薩摩の富士」(萩原さん)といえる。

標高は1000メートルを下回るが、独立峰で海面から裾野が立ち上がっているため「富士山感」は強い。「四季折々の花と湖と開聞岳が織りなす絶景が楽しめる」(森さん)。北側にはカルデラ湖の池田湖がある。ルートによっては航空機の窓からも望め、「湖と海とのコラボ感が上空から味わえる」(小林さん)。近くには指宿温泉もある。

(1)924メートル(2)https://www.ibusuki.or.jp/tourism/view/kaimondake/

■3位 鳥海山(ちょうかいざん)=出羽富士(秋田県・山形県)510ポイント
東北の名峰 広大な田んぼ潤す

秋田からは「秋田富士」、山形からは「庄内富士」とも呼ばれる日本百名山。「広大な裾野を持った独立峰」(萩原さん)。日本海に浮かび上がるシルエットは「『影鳥海』とも呼ばれ圧巻の姿だ」(田代さん)。巨大な活火山で「山頂が冠雪した姿は富士山に酷似している」(小塩さん)。雪は豊かな水となり、広大な田んぼを潤してきた。水田から仰ぎ見る山は、まさに東北の富士にふさわしい。

山麓の人々からは古くから守り神として崇拝されている。「美しいブナの原生林をはじめ四季ごとの様々な表情があり、見ても撮っても絵になる東北一の名峰」(佐藤さん)。氷河の痕跡らしい地形も見られ「山麓では『氷河』を冠した特産品もある」(横倉和子さん)。120種類もの高山植物が観察でき、花の百名山にも名を連ねる。

(1)2236メートル(2)http://chokaizan.com/

■4位 大山(だいせん)=伯耆(ほうき)富士(鳥取県)460ポイント
眺める方角で変わる表情

富士山に見えるのは西側からの眺め。南北からは険しい表情になる。「この対比が魅力でもある」(千葉達朗さん)。様々な山容は「富士山、槍ケ岳に並ぶ名峰との評価もある」(小塩さん)。「もはや孤高の存在であり、富士山に似ているという理由で評価するのは不遜なほど」(服部文祥さん)。島根県からは「『出雲富士』とも呼ばれ、その名の日本酒もある」(小林さん)。山岳信仰が根付き、北側の「『賽の河原』からの眺めは霊山の威厳を感じる」(王さん)。食の恵みももたらす。「ブルーベリーなど肥沃な土壌を生かした特産品も魅力」(城市さん)。

(1)1729メートル(2)https://www.houki-town.jp/new2/5/8/1/

■5位 岩木山=津軽富士(青森県)370ポイント
湖面の逆さ富士 写真映え

麓の湖は「津軽富士見湖」の名を持ち、湖面に映る『逆さ富士』が美しい。「津軽っ子たちは自分が生まれ育った場所から見る姿が一番だと譲らない」(佐藤さん)ほど、心のよりどころとなっている。「円すい型の火山体は極めて均整が取れ、裾野の斜面に凹凸が少ない」(千葉さん)。地元の出身の「太宰治の随筆『津軽』に『富士山よりもっと女らしく…』と続く岩木山への賛美は、独立峰としてそびえる魅力を言い当てている」(萩原さん)。四季ごとの景観は遠くからも近くからも写真映えする。愛される名峰は「どっしりとそびえて弘前の街を見守る」(服部さん)。

(1)1625メートル(2)http://www.iwakisan.com/

■5位 岩手山=南部富士(岩手県)370ポイント
北上川の背景にどっしりと

角度によっては山の形が欠けるため「南部片富士」とも呼ばれる。「西側上空から見ると中央部に馬てい形のくぼ地がある」(千葉さん)。岩手県内最高峰で北上川の背景に浮かぶ姿は美しい。「盛岡の街とセットでふるさとの山のイメージが強く、人々の生活を見守る風格がある」(服部さん)。「どっしりとした山容は岩手県のシンボルにふさわしい」(田代さん)。噴火を重ねる中で山容は変化し、「雪解けの時期には山肌に鷲の形が見られることから『岩鷲山(がんじゅさん)』とも呼ばれる。田畑を耕す目安にもなる」(森さん)。山頂からは岩木山や鳥海山も望める。

(1)2038メートル(2)http://www.city.takizawa.iwate.jp/mtiwate

注目記事
今こそ始める学び特集