断層の「ドミノ効果」 大地震の確率3~5倍、米西部

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

2019年7月4日に発生したリッジクレスト地震(マグニチュード6.4)で、米カリフォルニア州トローナ付近の道路に生じた亀裂(PHOTOGRAPH BY FREDRIC J. BROWN, AFP VIA GETTY IMAGES)

米カリフォルニア州南部の大地には、巨大な「Z」の文字を刻むように3つの断層が走る場所がある。Zの上の線にあたる断層はリッジクレスト断層といい、曲がりくねった何本もの亀裂があり、2019年にリッジクレストの町を襲う地震の引き金となった。Zの斜めの線は、そこから西へ向かっている太古のガーロック断層。そして下の線が、巨大なサンアンドレアス断層だ。

米カリフォルニア州を縦断する約1300キロのサンアンドレアス断層は、大都市ロサンゼルスの近くを通っている。この断層で大きな地震が起こる可能性が懸念されてきたなか、新たな研究で、1年以内に大地震が起こる確率がこれまで考えられていたより3~5倍ほど高くなっていることが示唆された。

20年7月13日付で学術誌「Bulletin of the Seismological Society of America」に発表された論文によると、19年7月に発生したリッジクレスト地震によって、その近くのガーロック断層沿いで将来地震が起こる確率が高まったという。そして、その地震がある程度以上の大きさであれば、さらにサンアンドレアス断層で地震を引き起こす恐れがある。

とはいえ、懸念されている通りにすべての地震が起こる確率は低い。研究チームは、今後1年以内にガーロック断層でマグニチュード7.7の地震が起こる確率は2.3%で、それが引き金となって、サンアンドレアス断層で同規模の地震が起こる確率は1.15%としている。

「ですから、もう運命は決まったというわけではありません」と話すのは、地震などの災害によるリスクを評価する会社「テンブラー」の最高経営責任者で、論文共同執筆者のロス・スタイン氏だ。「けれど、リッジクレスト地震が発生しなかった場合と比較すると、確率は著しく高くなったと考えています」

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
ドミノの倒れ方
ナショジオメルマガ