コロナ禍の住宅ローン返済 絶対に避けたい2つの手段コロナの先の家計シナリオ 住宅ジャーナリスト 榊淳司

2020/7/27
写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

新型コロナウイルスの感染拡大が終息の兆しを見せないなか、収入の減少などで住宅ローンの返済に困っている人も少なくないでしょう。住宅ジャーナリストの榊淳司さんは「返済のために借金したり、返済を延滞したりすることは絶対に避け、早めに金融機関に相談してほしい」と訴えます。

◇ ◇ ◇

新型コロナは、あらゆるところで「想定外」の事態を巻き起こしています。本当だったら今ごろは、東京五輪・パラリンピックでの日本選手の活躍に血湧き肉踊らせていたのではないでしょうか。それが今では「いったい、いつになったらコロナは終息するのか」という不安を抱えながら夏を迎えています。

「不安」でとどまるのならばいいのですが、コロナが実生活にまで影響する人も増えてきそうです。例えば、テレワークになったのはいいけれど残業代が激減したり、非正規雇用の人の出勤日が削られたり、雇い止めにあって収入が途絶えたりといったこともありそうです。

そのような人が住宅ローンを組んでいる場合、ちょっと困ったことになります。予定通りの収入がなければ、ローン返済に不安が生じてきます。しかし、そういった危機を緩和する方法はいくつかあります。

まず、絶対にやってはいけないことから示しておきます。

(1)借金でローンを返す

(2)返済が引き落としされずに延滞になってしまう

この2つだけは何としてでも避けてください。

(1)は住宅ローンの返済ができなくなり、銀行のカードローンなどを利用してしまうことです。これは「傷」を深めるだけです。また、間違っても消費者金融などに頼らないことです。

(2)はありがちなことですが、こちらも絶対に避けるべきです。

返済が苦しくなったら金融機関にまず相談

住宅ローンの返済が苦しくなりそうだったら、まず借りている金融機関に相談してください。ローンを組んでいる金融機関の支店に連絡するのです。直接訪ねていってもいいのですが、あらかじめ電話でアポイントを取るほうがベターでしょう。事情は包み隠さず話してください。

銀行側からよくある提案は、返済条件の緩和です。例えば、当面は利息のみの支払いにしてくれることがあります。そうなれば、毎月の返済額は半分以下に減るかもしれません。だいぶ楽にはなります。

注目記事
次のページ
ローンの返済猶予、おおむね半年程度
今こそ始める学び特集