冷感・遮熱・速乾 今夏も熱い、ポロシャツ機能バトル特集 夏を快適に過ごすための大人向けクールウエア(上)

在宅ワークが長く続くと、髪形や服装への関心が薄れがちだ。顔のアップしか映らないテレビ会議であっても、ビジネスパーソンらしく、襟元はさっぱりと、胸元に汗染みやヨレなどが出にくい、高機能ウエアを身に着けたい。そんな希望を簡単にかなえられるのが、ポロシャツだろう。大人向けクールウエアを4回に分けて紹介する特集の第1回では、オンオフ兼用も可能な高機能ポロシャツを紹介する。

接触冷感機能を持つアイスコットン仕立て

シップス「アイス コットン カノコ ポロシャツ」(1万1800円、税別、以下同)

人気セレクトショップのシップスでは、数多くのオリジナルのポロシャツを展開している。なかでも注目は、肌に触れた瞬間にひんやりと感じる接触冷感機能を備えた1枚だ。

今回紹介する「アイス コットン カノコ ポロシャツ」は、スイスの紡績メーカーであるスポエリー社の「アイスコットン」を使用。アイスコットンという素材は、このスポエリー社が開発したもの。吸湿速乾性の高い長繊維綿を使った強撚糸(きょうねんし)の素材で、繊維そのものに空気の層をつくらせない役割を持つ。さらに肌の水分を吸い取って発散するため、冷感効果をもたらす仕組みになっている。

生地に使用される綿の割合は製品によって異なるが、冷感機能は化学的なものではなく、あくまでも綿糸から生まれたものだ。さらに、このポロシャツは凹凸のある鹿の子編みで通気性が高く、さらっとした着心地も特徴とする。

ワイドカラーの隠しボタンダウン仕様でビジネスにも最適。アームホールや脇線は、ドレスシャツの縫製で行われる伏せ縫いにするなど、上品な見栄えも魅力だ。

「ポロシャツ全体の売り上げが好調」と話すのは、シップスのPR今竜太氏。オンオフ兼用できるシンプルなポロシャツのため、30~50代のビジネスパーソンに支持されているという。

接触冷感機能を持つアイスコットンで仕立てた1枚。肌に触れるとひんやり感じる
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
夏向けの5つの機能を持つシェルテックを使用
MONO TRENDY連載記事一覧