クリーミーな泡、まろやかな味になる魔法の棒

ユーロキッチン「アエロメイト マイクロバブルエアレーター」(7200円)、テーブルトップ用、ケース付き

ワインや日本酒はあらかじめ栓を開けておいて、空気に触れさせることで口当たりがまろやかになり、香りも際立ちます。ワインではデキャンタ-ジュといいます。このプロセスもお酒の楽しみの一つですが、家ではつい忘れてしまいます。デキャンタージュを一瞬でできたらいいのに、と思いませんか。それをかなえてくれるのが、エアレーターです。

エアレーターは、黒いゴム部分を押すことで、先端に細かな無数の穴が開けられたステンレスの棒からマイクロバブルが出て、瞬時にグラス内の空気をかき回します。グラスに注がれたワインなら1~3回のプッシュで味がまろやかになります。

実はエアレーターはビールの味わいも変えることができます。数回プッシュすれば、泡がむくむくとふくれ、とてもクリーミーな舌触りに変わります。ビールの味もまろやかになって、一度味わうとはまってしまうほどおいしいんです。ほかに、カプチーノ用のミルクにも使えて便利。プロのソムリエ御用達の道具なので少し高額ですが、これを持っていると、今よりおいしいお酒が楽しめます。

数回プッシュするだけで、クリーミーな泡がむくむくと

グラスや杯でお花見気分

丸モ高木陶器「冷感桜 白平盃ペアセット」(3000円)。左の杯が冷えた酒を入れた状態

いつでもお花見気分でお酒を楽しめるのが、「冷感桜」シリーズ。キンキンに冷えたお酒やシャンパンなどをグラスに注ぐと、杯やグラスにピンク色の花が咲くというもの。温度に反応して色がつく酒器なのですが、一度ピンク色の花が咲くとしばらく咲いているので、ゆっくり楽しめます。

「冷感桜」は海外の人に大変人気があり、ようやく再入荷した商品。飲食店でも、テーブルでの演出の一つとして人気があります。これがテーブルにあるだけで、エンターテインメントになるんですよね。

帰省するのも少し控えている人が多い今だからこそ、故郷のご両親に贈って、オンライン飲み会を開催するのはいかがでしょうか。花が咲いたグラスでエア乾杯するのも乙なものです。

丸モ高木陶器「冷感桜 グラス天開ペアセット」(3000円)、冷感桜 シャンパングラスペアセット(5000円)。それぞれキンキンに冷えたお酒を入れると瞬間にピンク色の花が咲く

家飲みもずっと続けていると、飽きてくるかもしれません。それをどうやって楽しく、少し特別なものにするかが問われているのではないかと思います。だからこそ、家飲みをエンターテインメント化する様々な調理道具が増えつつあるのでしょう。いつもの食材、いつものお酒でどう遊ぶか、おいしくするかが、これからのライフスタイルを充実したものにする鍵となりそうです。ぜひいろいろ試してみてください。(談)

(文 広瀬敬代、写真 菊池くらげ)

MONO TRENDY連載記事一覧