両手にのる本格派鉄板焼き

晩酌にぴったりのコンパクトサイズの鉄焼プレート

ビールのお供といえば、ジュージューと香ばしく焼ける肉料理が欲しいですね。でも、ホットプレートではホームパーティーのようになってしまっておおげさで、後片付けも面倒。ビールを飲むために少しだけおいしい焼き肉が欲しいというときにぴったりなのが、「LivE じゅーじゅー厚熱鉄焼プレート」です。両手のひらにのってしまうコンパクトサイズなので、セッティングも簡単。固形燃料(別売り)をセットすれば、1人前の焼き肉が手軽に楽しめます。

使用しているプレートは厚みが約1センチの鋳鉄製。蓄熱性が高く、じっくり飲みながらいつまでも熱々を食べられるのがたまりません。焼き肉のほかに、野菜やシイタケ、厚みのあるベーコン、厚揚げなどを焼いてもおいしいんです。一人飲みでも楽しめるし、家族でおのおの好きなものを自由に焼くのもいいですね。わが家では、子供が寝た後のひそかな楽しみになっています。

ドウシシャ「LivEじゅーじゅー厚熱鉄焼プレート」(3000円)、鋳鉄製、直径130ミリ、高さ97ミリ、重量約1.1キロ
しっかりした厚みがある鋳鉄製のプレート

抜群の透明度、憧れのウイスキーロックもかなう、まんまる氷

憧れのまんまる氷でウイスキーを楽しむ

重厚なバーで出される、大きなまんまる氷が入ったウイスキーのロック。男なら憧れます。そんな透明度抜群のまんまるロックアイスが、自宅で作れます。

家で氷を作ると、どうしても白く濁ってしまうことがあります。それは、一気に冷やして凍らせることで、水に含まれた微細なごみやカルキも一緒に凍ってしまうからなのだそう。ドウシシャ「大人の透明まる氷」は、断熱容器の中に貯水容器、型がセットになった3層構造の製氷容器。

3層構造の容器を使うことで、あえてゆっくりと約16~20時間かけて型の中の水を凍らせていきます。結果、不純物は貯水容器の底にたまり、型の中は不純物がない状態で透明な氷が出来上がるというわけです。さらに、一度沸騰させて冷ました水を使うとより透明度の高い氷が完成します。

気に入ったグラスを用意して、この氷を入れてウイスキーを味わってみてください。重厚なバーで飲んでいるような気分に浸れると思いますよ。

まんまるのほかに、ダイヤモンド型、ハート型もあるので、グラスに合わせて形を変えてみるのもいいかもしれません。

ドウシシャ「大人の透明まる氷」まる型、ダイヤモンド型、ハート型(各1480円)、氷2個分用。写真はハート型
3層構造になっている。写真はまる型
次のページ
クリーミーな泡、まろやかな味になる魔法の棒
MONO TRENDY連載記事一覧