powered by 大人のレストランガイド

スイーツ、すし、日本酒… 疫病退散アマビエ様グルメ

「イクミママのどうぶつドーナツ!」の「アマビエドーナツ」(3個入り、税込み1300円)
「イクミママのどうぶつドーナツ!」の「アマビエドーナツ」(3個入り、税込み1300円)

新型コロナウイルスの影響で、疫病退散のシンボルとされる妖怪「アマビエ」が注目を集めている。くちばしに長い髪、魚のウロコのような胴体に、3本足のアマビエ様。その姿を描いた絵を人に見せると疫病がおさまるという言い伝えから最近話題になり、グルメ界にもアマビエ様商品が続々と登場した。スイーツや日本酒、すしまでバラエティー豊かな話題のアマビエ商品を紹介する。

かわいらしい動物ドーナツで人気の「イクミママのどうぶつドーナツ!」では、3月15日から数量限定で「アマビエドーナツ」(3個入り、税込み1300円)を販売スタート。神奈川県元住吉にある本店のほか、オンライン通販や全国の催事場などでも販売している。ピンク色のイチゴチョコと紫イモのチョコを使った淡い彩りのドーナツで、そのかわいらしい見た目が女性客に大好評。累計で4000個も売れるヒット商品となっている。

同店のオーナーでドーナツパティシエの中尾育美さんは、「テレビでアマビエ様のイラストなどが話題になっていると知り、ドーナツで試作してSNS(交流サイト)に投稿したところ、『ぜひ販売してほしい』との声が多く寄せられ、商品化しました。新型コロナウイルスの暗い雰囲気ではなく、イクミママの商品らしく妖怪だけどかわいらしく、明るい気持ちになれるような色合いに工夫しました」と話す。

実は緊急事態宣言が発出されて以来、同店では催事販売や店頭販売での売り上げは激減していた。そんな中、「アマビエドーナツ」はオンライン通販で注文が殺到。「アマビエ様に商売も助けていただき、お客様を笑顔にすることもでき、本当にありがたいです」と中尾さんは感謝する。

「カタヌキヤ」の「アマビエバウム」(税込み540円)

バウムクーヘンにもアマビエ商品が登場。四角い形のバウムクーヘン生地をパンダなど様々なシルエットに器用に型抜きする「カタヌキヤ」では、アマビエ型にくりぬかれた「アマビエバウム」(税込み540円)を4月11日からオンライン通販や期間限定の催事店などで販売している。

経営するぶどうの木の多田恭平氏は、「コロナ禍の中、お客様が少しでも明るく前を向いていただけるように開発しました。最初は日ごろの感謝の気持ちを込めたプレゼントキャンペーンとして購入のお客様に無料で贈呈していましたが、『自分用にもギフト用にもまとめ買いしたい』とのお声をいただき、キャンペーンと並行して通販サイトで販売することになりました」と経緯を話す。

かわいらしい「アマビエバウム」は特に3本足の部分は細かく入り組んだ難しいカットになっている。その周りをそっと外しながら味わう。上面は甘いホワイトチョコ、下の茶色の生地はほろ苦い能登塩キャラメル味のバウムクーヘン。しっとりふわふわした食感で、コーヒーにもお茶にも合いそうな深い味わいだ。

首都圏などの催事の担当者からは「アマビエを販売してほしい」との要望が多いという。本社のある石川県内では自社の洋菓子8店でも販売しており、ここ3カ月でトータル1万個以上も販売した。店舗ではスタッフが「アマビエ商品を売らなくてもよい日が一日でも早く来ますように」と会話しながら客に商品を渡している。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド