リモートワークで「転勤」 三菱地所子会社の試みとはチーム「あたらしい 転勤 はじめました」(下)

チーム「あたらしい 転勤 はじめました」のメンバー(取材後に)
チーム「あたらしい 転勤 はじめました」のメンバー(取材後に)

前回「『本当に転勤は必要?』 営業女性たちが実験してみた」で三菱地所プロパティマネジメント(東京・千代田)の女性営業社員チームがリモートで業務を実施、転居せずに異動先の業務をこなせないかと実験した結果について聞いた。会社はその結果を受けて、制度化に向けてさらに実験を重ねるという。内容や狙いをメンバーに聞いた。

会社にも大きなメリットがある

白河桃子さん

白河桃子さん(以下敬称略) 「新世代エイジョカレッジの審査では、社外だけではなく社内の『巻き込み力』も評価されました」

岩楯薫さん(以下敬称略) 「社内のイントラネットで実験の過程を定期的に共有、社長にも何度か直接説明する時間をいただきました。実験の結果、『あたらしい転勤』は会社の将来にとってもメリットがあるという確信を得られましたので、社長にもプレゼンテーションをして、激励の言葉をいただきました」

岩楯薫さん(商業運営部)

白河 「会社にとってどんなメリットがあると説明したのですか」

吉野絵美さん(以下敬称略) 「まず、『人材確保』の面でのメリットです。『転居』を理由とした離職をおさえ、男女問わず様々なライフステージとともに継続したキャリアアップができる働き方をフォローできます。ほかにも、例えば大阪のプロジェクトで急きょ人手不足になったとき、新たに現地で採用するよりも、東京の社員がリモートで手伝うほうがはるかに効率的な人材配置につながるのではという発見です。もう一つは、『コストの削減』です。転居を伴う転勤を行った場合と比べて、出張ベースのリモートワークを行った場合にかかる費用は3分の1以下になることが分かりました」

吉野絵美さん(中央営業管理部兼働き方改革推進部)

白河 「それは非常に大きなメリットですね。転勤は一般的に1人150万円ぐらいのコストといわれています。今後は『配属が大阪に変わっても、東京に住み続けながら働く』といった選択肢が増えるのでしょうか」

吉野 「そんな柔軟な働き方を促進できるような追加実験・検証を、20年度も継続していく方針が決まりました。メンバー6人のうち2人が働き方改革推進部の兼務になり、人事企画部とタッグを組んで、制度化に向けて急ピッチで準備しているところです。コロナの状況にもよりますが、9~12月ごろに追加実験を行って、21年度から正式な制度化を実現したいというプランです」

男性の営業職にも実験が必要

白河 「制度化までつなげていくとは、素晴らしいですね。しかしながら、実際に制度化となると、さらに検討すべき問題が出てくるのではないでしょうか」

吉野 「そうですね。転勤は女性だけの問題ではないので、追加実験では男性の営業職にも参加してもらおうと考えています。会社としても『成長のために、若いうちに様々な仕事を経験してほしい』という思いがあるはずなので、それをより可能にする制度として磨いていきたいです。また、一つ重要なポイントとしては、この『あたらしい転勤』は現地で日常的に業務する人がいるからこそ成り立つ働き方であり、働き方の選択肢を増やすことにあるということです」

注目記事
次のページ
コロナでオフィスの価値を見直す