日本版トニー賞への道 コロナで思い強く(井上芳雄)第73回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。6月27日からMirai CHANNELというYouTube公式チャンネルで『井上芳雄の「日本版トニー賞への道」』という特別番組を配信しています。トニー賞は米国で最も権威のある演劇賞で、映画界のアカデミー賞のような存在。日本にもそういう賞があればいいと言い続けてきたのですが、今回のコロナ禍でその思いは強くなりました。日本の演劇界にふさわしい賞のあり方を考えるきっかけになればうれしいです。

Mirai CHANNEL(YouTube公式チャンネル)で配信中の『井上芳雄の「日本版トニー賞への道」』。「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」の公式サイトから視聴できる。左上から逆時計回りに、井上芳雄さん、WOWOWプロデューサーの金山麻衣子さん、映画・演劇評論家の萩尾瞳さん、俳優・演出家の今井朋彦さん

Mirai CHANNELは「舞台芸術を未来に繋(つな)ぐ基金(通称:みらい基金)」が運営している配信プログラムです。みらい基金は、コロナ禍で活動停止を余儀なくされた舞台芸術に携わる人たちを支援するために、広く一般から寄付金を募り、今後の活動に必要な資金を助成しようとするもの。4月28日から始まり、8月25日までに1億円を目標に募っています。僕も、公演の中止や延期が相次いで、困っている俳優やスタッフの方たちがたくさんいるなか、なんとかみんなで助け合えないかと思っていたので、賛同して参加しています。

その際、発起人の宋元燮さんともお話しして、どういう思いで基金を設立して、この先どうしようとしているのかをうかがいました。それで「僕にできることがあれば、何かしたい。賛同人に名前を連ねているだけというのも居心地が悪いような気がするので」といった話をしました。そういうなかで、活動のひとつとしてMirai CHANNELが立ち上がりました。舞台芸術の未来をみんなで考える教育チャンネルみたいなものと聞いて、面白いと思いました。トニー賞のような催しが日本にもほしい、というのは僕がずっと言い続けていることなので、みらい基金がきっかけで新しい賞が生まれてもいいのかなと思い、それを考えるトーク番組をつくってみたというわけです。

僕は、WOWOWが放送しているトニー賞授賞式の生中継に6年前から出させてもらっています(今年は残念ながらコロナ禍で開催延期となりました)。年に一度のブロードウェイのお祭りという感じで、授賞式自体がエンタテインメントになっていて、ショーアップされて楽しいし、ドラマチックなスピーチにも感動します。日本でもこんな授賞式が毎年テレビで放送されるようになったら、ミュージカルや演劇が世の中でもっと話題になるし、業界が活性化するんじゃないかと思っていました。

その思いは、今回のコロナ禍で一層強くなりました。僕たち演劇界の人間も社会の一員に変わりはないのですが、どこか自分たちの村だけでやってきたのではないかという反省があるからです。公演中止が相次いだ演劇界が支援を訴えたとき、世間の反応は自分たちが思っていたよりもずっと冷ややかで、シビアだったように思います。自分たちは世の中に必要とされていると思っていたけど、いざ緊急事態となると「不要不急のもの」と見なされてしまう。日ごろからもっと社会とつながっていたら、「演劇をやっている人たちも大変なんだ」と周りからの見方もまた違っていたのではないだろうか。そう感じました。

もちろんコロナ禍で世の中が等しく大変なときに、知らない業界のことをすぐに理解してもらうのは難しいということはよく分かっています。なので平時というか、ある程度日常が戻ってきたら、もっと演劇界から社会に働きかける機会を増やして、自分たちを知ってもらうことも大事じゃないかと思いました。そのひとつとして、今年はどんな作品や人が賞をとったというのが話題になる大きなイベントがあれば、関心を持ってもらえるし、演劇界全体も盛り上がって、世の中とつながっていけるのではないか。そんなことを、今回初めて考えました。

実際、それはトニー賞がもともと目指していたところでもあります。トニー賞が創設されたのは1947年。終戦後、まだブロードウェイにお客さまが十分戻ってきていない時期に、世間の注目を集めて、演劇界を盛り上げるためのイベントとして始まったそうです。

注目記事
次のページ
みんなで助け合いながら、少しずつ前へ
今こそ始める学び特集