米国で最先端学ぶ若者が見たコロナ禍 研究現場も激変

江さん(写真左から2番目)らが立ち上げた留学支援団体の活動の様子
江さん(写真左から2番目)らが立ち上げた留学支援団体の活動の様子

新型コロナウイルス感染者数が世界最多の米国。経済は失速し、街には失業者があふれている。一方でオンライン化が一気に進み、新たなイノベーションも起ころうとしている。米国で最先端を学ぶ若者はこの事態に何を思い、今後どうなると見ているのか。優秀な若者などの研究活動を支援する財団法人「孫正義育英財団」のメンバーで、米国に留学した3人にオンラインで聞いた。(座談会は孫正義育英財団の協力を得て6月に実施した)

<3人のプロフィル>
江あきさん(スタンフォードビジネススクール修了) 東京大学経済学部卒。2013年、A.T.カーニー入社。17年にスタンフォードビジネススクールで経営学修士号(MBA)取得。現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル(VC)「WiL」でエコノミストとして活躍。
早川大智さん(ブランダイス大学大学院) 17年に東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻修士課程を修了、同年から米ボストンのブランダイス大学院物理学専攻のPhD(博士)課程へ。「生き物のように振る舞う無機的なシステム」を作る研究をしている。
成田海さん(カリフォルニア工科大学大学院) 東京工業大学大学院修士課程にて材料化学を専攻し、16年に修了。同年、カリフォルニア工科大学院で材料科学PhD(博士)課程に進学。現在は特に生分解性電池や蓄電池の開発に取り組んでいる。

研究現場で急速に進むオンライン化 実験動画増える

――コロナ禍のなかで、米国ではどんな変化が見られますか。皆さんの身の回りではどんな影響がありましたか。

江あきさん

江 私は今、シリコンバレーで働いていますが、ネットを介して物品を購入する比率はわずか8週間で10ポイントも上昇するなどオンライン化が一挙に進み、生活スタイルががらりと変わっています。「GAFA」は優秀な人材を集める好機とみていて、例えば米アマゾン・ドット・コムは2万人のテック人材の採用募集を発表しました。

ただ、米国全体の失業者数は増え続けており、身の回りでも、レストランなどの店舗から閉鎖・倒産を連絡するメールや手紙が来ますし、元クラスメートが解雇された話なども聞きます。一方で時期尚早な経済活動の再開は感染拡大に繋がるので不安です。ベイエリアでは外出自粛期間が4か月以上になるので、しびれを切らした人々は外に出始めています。

成田 徐々に大学も研究を目的とした活動に対して再開の動きがありますが、実際に行けるのはその大学内の上の学年の人や期日の迫ったプロジェクトに関わる人のみです。私は幸いにも部分的に大学へ行くことができているのですが、研究や生活のスタイルを変更せざるを得ません。米国の特徴でもある機関の垣根を越えたオープンファシリティ(共用の研究設備など)の利用はまだ制限されています。また、大学の経済状況も厳しく、オープンファシリティの有料化や値上がりがあったり、PhD学生や教授の新規受け入れを見送る大学も出たりしています。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
今こそ人脈形成が必要
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録