オムロンが8万円の血圧計 想定の2倍売れた腕時計型

日経クロストレンド

オムロンのウエアラブル血圧計「HeatGuide HCR-6900T-M」。直販価格は7万9800円(税別)
オムロンのウエアラブル血圧計「HeatGuide HCR-6900T-M」。直販価格は7万9800円(税別)
日経クロストレンド

オムロン ヘルスケア(京都府向日市)の「HeartGuide」は腕時計型のウエアラブル血圧計だ。約8万円(税別)と血圧計としては高価だが、2018年12月発売の米国では想定の4倍以上を受注。日本でも19年12月に発売されると、想定の2倍以上の注文が入るほどの人気を集めた。ヒットの理由を探った。

いつでもどこでも血圧測定は必要か?

血圧計には手首で測る「手首式」や上腕で測る「上腕式」がある。「HeartGuide HCR-6900T-M」(以下、HeartGuide)は手首式で、カフ(空気を送り込んで膨らませる袋状のベルト)で動脈を加圧・減圧することで血圧を測定する「オシロメトリック法」を採用している。医療機器認証を取得しており、精度の高い血圧測定が期待できる。

スマートウオッチのようなデザインで、一見しただけでは血圧計とは思えない。本体の裏側にカフが付いているため厚みはあるが、重さは115グラムなのでそれほど重くはない。従来の血圧計を考えれば、極めてコンパクトだ。

HeartGuideの一番の特徴は、腕時計型なので身に着けておけばいつでもどこでも血圧測定ができることだ。起床して朝食前に、通勤の最寄り駅でホームのベンチに座って、オフィスに到着したら自分の席で、午後の休み時間に休憩室で、帰宅時にオフィスの最寄りで――といった具合に、時間や場所を問わずに血圧を測定できる。

裏側にカフを手首にしっかり固定するためのリングが付いている。腕に装着するときは付属のカバーをリングにかぶせる

一般的な卓上型血圧計だと、自宅にいる朝晩しか測定できない。持ち運べるコンパクトな製品もあるが、HeartGuideに比べれば大きく目立つので、外出先で何度も取り出して測定するのはためらわれる。その点、腕時計型のHeartGuideなら自宅からオフィスへの移動中や、休憩時間、会議の直前(直後)であっても、好きなタイミングで目立つことなく測定できる。

1万円以下の製品がごろごろ存在する市場で、ここまで高価な血圧計を購入して「1日に何度も血圧を測る必要があるのか」と思う人もいるだろう。年に1度の健康診断でしか計測しないような人にとっては、血圧計をウエアラブルにする“価値”を理解するのは難しいかもしれない。確かに自分の血圧が時間帯や行動によってどう変化するのか把握できれば、健康管理に大いに役立ちそうではあるが……。

オムロン ヘルスケア循環器疾患事業統括部 循環器疾患商品事業部 グループリーダー代理の松尾直氏(以下、松尾氏)は、「日中の大きな血圧変動が脳・心血管疾患の発症リスクを高める因子になると言われている。しかし朝晩の測定だけでは日中の血圧変動を捉えることが難しい。そこでいつでもどこでも周囲の目を気にすることなく測定でき、健康管理につなげられる機器として開発した」とHeartGuideのコンセプトを語る。

脳・心血管疾患を持っていたり、身近に患者がいたり、あるいは健康診断の結果などから血圧に対する意識が高い人にとって、これまで日中の血圧変動は「気になるけれど知ることが難しい」ものだった。オムロンは、血圧計をウエアラブルにすることで時間や場所を気にせず測定できるようにして、日中の血圧変動を知ることができるようにした。これまで分からなかったことが分かるようになる機器だからこそ、人気を集めているのだろう。

注目記事
次のページ
シンプルな操作体系、計測も簡単
今こそ始める学び特集