DXの「X」って何? デジタルツール、落語でPR立川吉笑

画像はイメージ=PIXTA
画像はイメージ=PIXTA

最近はデジタルトランスフォーメーション(DX)、その中でも特にマーケティングオートメーション(MA)のことを考えている。こんなふうに書くと、何がなんだか分からない方が多いかもしれないけど、安心してほしい。僕も何がなんだかわかっていない。

新作落語を中心に活動しているからか、ときどき企業PR案件が舞い込んでくる。「落語で自社サービスの説明をしてほしい」というような依頼だ。これまでもバスケットボール「Bリーグ」開幕戦のオープニングセレモニーで落語をやったり、アパレルブランド「JUN」の社内イベントでファッションをテーマにした落語を披露したり、コラボレーション落語を作ってきた。そして今回は「マーケロボ」というMAツールをPRする落語を作ることになったのだ。

好きこそものの上手なれ

MAツールというのは、会社の営業業務をデジタル化するためのサービスらしい。人生で会社勤めをしたことがなく、落語家という時代錯誤な仕事に就いている僕は、MAという言葉をこれまでの人生で聞いたことがなかったし、落語家を続ける以上はMAの必要も取り立ててないはずだ。

こういう依頼を頂戴したとき僕はまず「対象を好きになる」ことを目指す。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、一度好きになってしまえば作業効率がグンと上がるからだ。というよりも、好きになったら作業が「作業」じゃなくなって快感をともなうある種の「娯楽」に変貌する。そうなってしまったら無敵状態というか、放っておいても対象のことを考えるし、それを多くの人に伝えたくなる。

この「好きになる」メソッドを僕は師匠・談笑に教わった。

以前の僕は「好きになる」ことは自力で操作できる類のものではないと捉えていたし、読者の中でもそう考えている方も少なくないはずだ。

僕の中でその考え方が変わったのは「歌舞音曲」の勉強を始めることになった時だ。立川流の前座修業では、日本舞踊や小唄・端唄・都々逸などを習得するという課題がある。落語を覚えることは、そもそも落語をやりたくて弟子入りしたのだから苦もなく取り組めるけど、特になじみのなかった歌舞音曲については何をやっていいかもさっぱり分からないし、モチベーションを保つことすら難しい。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
とにかく情報をインプット
エンタメ!連載記事一覧