首都圏から車で気軽に 温泉付き客室がある宿3選

「星野リゾート 界 伊東」の足湯。屋外で美しい庭園を目の前にすると癒やされるのがわかる
「星野リゾート 界 伊東」の足湯。屋外で美しい庭園を目の前にすると癒やされるのがわかる

新型コロナウイルスの問題を受け、新しい生活様式を意識した日々が続く。夏休みシーズンを控え、息抜きの場をいかに見つけるか悩んでいる方も多いだろう。一部見直しが加えられた政府の国内旅行の需要喚起策「Go To トラベル」事業もスタートした。そこで今回は首都圏から車でも行け、客室内に温泉を備える近場の3つの癒やしの宿をピックアップしてみた。どこもコロナ感染予防策には知恵を絞っている。

静岡県の伊東温泉にある“温泉づくし花暦の宿”がコンセプトの「星野リゾート 界 伊東」。首都圏からは東名高速道や鉄道などを利用して行けるおなじみの先で、伊東駅からは徒歩約10分で着く。温泉づくしというだけあり、客室の内風呂を含め全館源泉かけ流しだ。露天風呂付き客室も5室ある。古代檜(ひのき)の内風呂に、滝の流れる露天風呂がある大浴場、日本庭園を眺めながらの足湯、さらに屋外には4つの異なる源泉を注ぎ、年中適温の温泉プールまである。

館内WiFiにつながっていれば、どこからでも大浴場の状況をキャッチできるので安心だ

コロナ感染予防対策として、チェックイン時に検温と健康状態のヒアリングを行い、手指を消毒。ゲストに先に部屋に入ってもらい、荷物は後で届ける。星野リゾートでは界の全施設で、大浴場を利用する際は、WiFiにつないで携帯でQRコードを読み込めば、混雑度が施設内どこからでも分かる仕組みを構築、「密」を避け大浴場にも行けるのはありがたい。

伊豆の花、椿の油は、湯上がりの肌に使うとさらにしっとりする

その土地の文化を楽しむご当地楽というアクティビティでは、伊豆の名産である椿油(つばきあぶら)づくりが体験できる。2つの部屋に分け、開催回数を1日5回にし、1回の人数を抑えて実施している。温泉と庭園と花をゆったりと楽しめる。

注目記事