「本当に転勤は必要?」 営業女性たちが実験してみたチーム「あたらしい 転勤 はじめました」(上)

大賞を受賞時の記念写真(提供:新世代エイジョカレッジ事務局)
大賞を受賞時の記念写真(提供:新世代エイジョカレッジ事務局)
チームのメンバーは写真左から、鹿島由佳さん(大手町営業管理部/取材は育休中につき欠席)、原田真希さん(丸の内営業管理部)、宮関裕香さん(中央営業管理部)、岩楯薫さん(商業運営部)、物永真衣さん(プロモーション事業部兼働き方改革推進部)、吉野絵美さん(中央営業管理部兼働き方改革推進部)

正社員で共働きが増えている現在、社員にとっても企業にとっても悩ましいのが転勤という問題だ。また女性社員の場合、結婚や出産などのライフステージの変化に転勤が重なることで離職を決断する事例も少なくない。そんな状況を打破できないかと、三菱地所プロパティマネジメント(東京・千代田)の女性営業社員による、チーム「あたらしい 転勤 はじめました」がリモートで業務を実施、転居せずに異動先の業務をこなせないかという実験を行った。このプロジェクトは、様々な業種から選抜された営業職女性が主役となって、現場発の働き方改革案をプレゼンテーションするプロジェクトの「新世代エイジョカレッジ(エイカレ)」において、2020年2月に大賞に選ばれた。実験での経験はコロナ禍における業務対応にも大変役立ったという。メンバーに話を聞いた。

転勤は共働きの女性にとっては深刻な課題

白河桃子さん

白河桃子さん(以下敬称略) 「『新世代エイジョカレッジ』の2019年度フォーラム部門で見事グランプリを獲得。おめでとうございます。『次世代型営業モデルの創出』というお題に対し、皆さんが提示したのは『あたらしい 転勤 はじめました』という斬新な取り組み。審査基準は『破壊と創造・労働生産性・顧客価値・巻き込み力・汎用性』の5つでした。皆さんが行った実証実験がどんな課題意識から始まり、どのような取り組みだったか、教えていただけますか」

吉野絵美さん

吉野絵美さん(以下敬称略) 「はい、課題意識としてあったのは『転勤=転居って本当に当たり前?』という疑問でした。配偶者の転勤に伴ってついていく選択をすることで、自分のキャリアを諦めたり、家庭の事情などで『今は転居ができない』という理由のため仕事に思い切り打ち込めなかったり。転勤にまつわる悩みは女性に限ったものではありませんが、特に共働きの女性にとっては深刻な課題の一つです。一方で、社会全体の共働きの割合は1980年代と比べて2倍に。働き方のアップデートが時代の変化に追いついていないのでは? という思いがメンバーで一致していました」

白河 「全国でオフィスビルや商業施設等の運営管理を行う御社の事業特性から考えて、転勤はキャリアパスの一つとして、誰にでも起こり得る問題だったのですよね」

物永真衣さん

吉野 「そうです。ただし、全員がその覚悟で在籍しているかというとそうでもない事情もありました。当社は6年前に2つの会社が合併してできた会社なのですが、うち一つの会社は『全国転勤あり』で、もう一つの会社は『転勤なし』の事業だったんです。合併後は、社内で転勤に対する意識格差が生じていました」

白河 「なるほど。20代の営業職のうち半数が女性ということですが、キャリアアップを目指しながらも、『転勤しなくていい会社に入ったつもりなんだけどな』とモヤモヤしていた人は結構いらっしゃったのかもしれませんね」

吉野 「いたと思います。では、どうしたら解決できるのか?とエイジョ(営業職女性)チームで考えた結果として確立したのが、受賞させていただいた『あたらしい転勤』というアイデアでした。これは、今まで転勤が必要とされてきた遠隔地の業務を出張と支店でのリモートワークの組み合わせで置き換えてみようという試みです」

実験のイメージ

「配置転換で担当エリアが変わったとしても勤務地は変えずに、打ち合わせや相談の業務をできるだけ非対面のオンラインコミュニケーションで対応し、どうしてもお客様の元に出向く必要のある『現地マスト業務』のみ出張でカバーするという『脱転勤』型のワークスタイルです。19年秋に1カ月間かけて、私を含めて3人のエイジョメンバーが、実際にトライアル実験をしてみる形でその効果や課題を検証してみました」

注目記事
次のページ
大阪の物件に住んで、東京の業務を実行