認知症予防は子ども時代が大事? 専門医が明かす事実医師がやっている認知症予防(下)

日経Gooday

定年後に目指す体形は「小太り」

肥満と高血圧の2つは、密接に関係している。つまり、太っている人ほど血圧が高くなりやすい。また、肥満を放置すると、高血圧だけでなく、糖尿病にもなりやすくなるので、それがやがて認知症のリスク要因となる。

「血圧は、正常である130/80mmHg以下を目標にしたいものですが、まずは高血圧とされる140/90mmHgを下回ることを考えましょう。食事の塩分を減らしたり、運動によって血圧を下げたりする努力をする必要があります。それでも難しい場合は、薬で血圧をコントロールすれば、認知症のリスクが高まることはありません。私は以前から血圧が高いので、50代から降圧薬を服用しています」(遠藤さん)

遠藤さんによると、降圧薬にはいろいろな種類があるが、ARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)、というタイプの薬が、最も認知症リスクを下げるという調査結果があるという(日本神経学会「認知症疾患診療ガイドライン2017」)。遠藤さんが服用しているのものARBだ。

「血圧を下げる薬を飲み続けるのはわずらわしいと思う方もいるようですが、きちんと薬によって血圧を下げておくことが大切です。また、血圧が高いと脳梗塞のリスクも高くなり、これらが原因で起こる『血管性認知症』はアルツハイマー型認知症の次に多い認知症ですから、なおのこと血圧を下げるよう注意してください」(遠藤さん)

肥満対策はどうだろうか。人によって体形が違うので、目標とする体重はそれぞれだ。遠藤さんによると、一般的には自分が30代の頃の体重を目標にするのがいいという。

「私の場合はというと、仕事が忙しかったこともあり、たまにジョギングやゴルフをしていたものの、定期的には運動できていませんでした。そのため、60代半ばの現在は、30代の頃と比べると10キロほど体重が増えてしまっています。とはいえ、短期間で10キロ減量すると体に悪いので、まずは5キロ痩せられるよう、体を動かそうと考えています」(遠藤さん)

なるべく痩せているほうが健康だと思う人は多いかもしれないが、60代半ばを過ぎるとそうでもなくなってくる。

「小太り気味の人のほうが長寿であるという研究データがあります。特に高齢者の場合、筋力が衰える『フレイル』という虚弱状態を予防したり、脳卒中などの病気後のリハビリを考えると、標準体重よりもやや重いほうが健康維持に適しています。つまり、中年期は肥満を予防することが大切だけれども、定年退職を過ぎたあたりからは、小太りが目指す体形なのです」(遠藤さん)

難聴の人でも補聴器を正しく使えば認知症のリスクを抑えられる。(『医師が認知症予防のためにやっていること。』より)

なお、難聴も中年期のリスク要因として挙がっている。「年を取って耳が遠くなることを『加齢性難聴』といいますが、早い人は50代でも補聴器が必要なほど難聴が進んでしまいます。早くから進んでしまった難聴をそのままにして、補聴器を使わずに過ごしていると、脳に対する聴覚からのインプットが少なくなり、それがやがて抑うつ状態を招いたり、認知症につながってしまうのです。補聴器を正しく活用すれば、認知症のリスクは上がらないことが分かっています」(遠藤さん)

(イラスト:堀江篤史)

遠藤英俊さん
1982年滋賀医科大学卒業、87年名古屋大学大学院医学研究科修了。総合病院中津川市民病院内科部長、国立療養所中部病院(現・国立長寿医療研究センター)内科医長などを経て、国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長および老年内科部長を務め、2020年3月に退職。現在は聖路加国際大学臨床教授、名城大学特任教授。著書は『最新 ボケない! “元気脳”のつくり方』(世界文化社)など多数。認知症、高齢者虐待問題、介護保険関連を専門とする。

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント