チケットの価格が上下する? ウィズコロナの新常識に

新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止・延期されていたプロスポーツや音楽ライブなどのイベントが6月から徐々に再開しています。7月10日にはプロ野球が観客を入れての試合を始めました。ウィズコロナという新たな時代を迎えての開催となります。新たな観戦方法や料金体系を導入しています。

具体的に何が変わったのでしょうか。プロ野球を例にして確認しましょう。表にある通り、マスク着用、体温37.5度以上など症状のある人は入場禁止、第一段階では観客5000人が上限となっています。

なかでも大きいのはやはり入場制限です。主催者側はそれだけ入場料収入や飲食や物販の売り上げも減るわけです。チケット自体も希少価値が高まり、値段への影響も大きいです。

その中で注目されているのがダイナミックプライシングです。株式や生鮮食品の取引のようにその時点の需給を反映して値付けする仕組みです。プロ野球のロッテも今シーズンから導入しています。

注目記事
次のページ
値段は市場に任せる
今こそ始める学び特集