powered by 大人のレストランガイド

よだれ鶏・シュクメルリ 世界の鶏料理をいいとこ取り

1位 よだれ鶏(中国)
1位 よだれ鶏(中国)

今年の夏はコロナ禍で海外旅行には行きづらいのでは。世界の料理を自宅で作って海外気分を味わえば、家族の会話も弾みそう。多くの国で親しまれている鶏肉を使った料理を、専門家11人が選んだ。

■1位 よだれ鶏(中国) 630ポイント
夏バテでも取り入れやすく

材料(2人分)

鶏むね肉200g 料理酒大さじ1 砂糖小さじ1 長ネギ1/4 A〔しょうゆ大さじ1 酢大さじ1 砂糖大さじ1 ラー油大さじ1 すりおろしニンニク小さじ1〕 大葉2枚

(1)鶏肉は皮を取り除く。長ネギはみじん切りに。

(2)鶏肉にフォークで数カ所穴を開けボウルに入れる。料理酒と砂糖を加えてなじませる。

(3)耐熱ボウルに入れラップをかけ600Wの電子レンジで3分加熱。鶏肉を裏返し再度ラップをして600Wの電子レンジで3分、中に火が通るまで加熱。粗熱を取り薄めに切る。

(4)ボウルに長ネギとAを入れ混ぜる。

(5)皿に大葉と(3)を盛り付け(4)をかける。

「よだれが出るほどおいしい」が語源の、中国・四川地方の定番料理。「夏バテしているときでも食べやすい」(今泉マユ子さん)、「鶏肉もタレも、作り置きにも適している」(武蔵裕子さん)。辛いものが苦手なら、ごま油で代用してもよい。「電子レンジ調理のレシピは火を使いたくない日にぴったり」(とけいじ千絵さん)

(1)料理時間 20分(2)材料費の目安 300円

■2位 シュクメルリ(ジョージア) 450ポイント
ニンニクで疲れ吹き飛ぶ

鶏もも肉1枚(300g) 水50ml 白ワイン50ml 生クリーム70ml A〔すりおろしニンニク大さじ1.5 コンソメ顆粒小さじ2 パプリカパウダー小さじ1/4 塩ひとつまみ〕 有塩バター20g フランスパン4切れ パセリ(生)適量

(1)パセリはみじん切り、鶏肉は一口大に切る。

(2)中火で熱したフライパンにバターを入れ溶かし、(1)の鶏肉を入れ焼き色がついたら水、白ワイン、Aを入れひと煮立ちさせ、鶏肉に火が通るまで10分程度煮込む。

(3)中火のまま生クリームを入れて沸騰直前で火から下ろす。

(4)器に盛りつけパセリを散らし、フランスパンを添える。

牛丼チェーンが期間限定メニューとして発売するなど、日本でも人気になったジョージアの伝統料理だ。「ニンニクをおいしく食べるための料理と言われる」(今泉さん)。パンを添えればいつもと違う食卓に。「家族で国を調べながら作りたい一品」(滝村雅晴さん)、「ピザ用チーズを加えてフォンデュ風な味わい方も」(野口英世さん)

(1)20分(2)500円

■3位 三杯鶏(台湾) 430ポイント
さっぱり味 バジルが彩り

手羽先6本 ごま油小さじ2 長ネギの青い部分1本分 ショウガ20g ニンニク2片 鷹の爪1本 A〔しょうゆ40g 紹興酒40g ごま油30g〕 バジル(生)少々

(1)鷹の爪は半分に切り種を取る。ショウガは皮付きのまま薄切りに。ニンニクは包丁の腹でつぶす。

(2)フライパンにごま油小さじ2を入れ、手羽先を両面焼き、焼き色が付いたら火から下ろす。

(3)深めの鍋に(2)を入れ、ショウガ、ニンニク、鷹の爪を加え中火で炒める。全体に油が回ったらA、長ネギの青い部分を入れ中火で10分ほど加熱。

(4)手羽先に火が通り、煮汁が減ってとろみがついたら火から下ろす。器に盛り付けてバジルを載せる。

台湾で人気の料理で、酒、しょうゆ、ごま油、同量の三杯の調味料を使って作る。「台湾や中国でもバジルを使うのは新鮮」(荻野恭子さん)。レシピではさっぱりとした風味に仕上げるため、ごま油を少なくアレンジ。「ピリ辛の味わいは暑い時期、ビールにも合いそう」(脇雅世さん)、「一口大に切った鶏もも肉や豚バラ肉でもおいしくできる」(野口さん)

(1)40分(2)300円

<次ページ:1~3位の動画レシピ>

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト