予算5000円の周辺機器9選 手書き入力にマスク乾燥機コスパ最強周辺機器【予算5000円編】

日経PC21

1000円で買えるヘッドセットや無線マウス、2000円前後の指紋センサーやVRゴーグル、3000円台の活動量計や外付けSSDなど、安くて気になる製品が大集合。「でも、安かろう悪かろうなのでは」と心配する人もいるはず。そこで日経PC21編集部がこれら激安製品を実際に購入、使い勝手をした。前々回の1000円編、前回の2000円編に続いて、今回は3000円から5000円の製品を紹介する。

オフィス文書への手書き入力も

文字を手書きしたり、イラストを描いたりするのに使うペンタブレット。画像編集ソフトの「フォトショップ」や「ペインター」など以外にも、「ワード」や「アクロバットリーダー」などのビジネスソフトにも使える
「Star G430S」(XP-Pen)購入価格:3290円
●筆圧レベル:8192レベル●読み取り範囲:幅101.6×奥行き76.2ミリ●サイズ:幅110×奥行き164×高さ2ミリ(最薄部)●重さ:245グラム

イラスト用途ではメジャーなペンタブレット。だが、ビジネス用途でも、PDF書類などに直接文字を書き込める。まさにテレワーク時代には押さえておきたい周辺機器の1つだ。しかし、本格的すぎるペンタブレットは高額。使い続けるかもわからないのであれば、3000円前後の「Star G430S」で使い勝手を試してみよう。

最高で8192段階の筆圧を検知する専用ペンが付属(筆圧レベルは利用するソフトによる)

幅が約10センチ、奥行きは約16センチと小型だが、パソコンにつなぐだけでオフィスソフトやアクロバットリーダーなどで手書き入力が使えるようになる。筆圧は8192段階検知するようだが、実際のところ調節はなかなか難しい。

文字を書くなどの操作には、正直、かなり慣れも必要だ。ペン側面にはボタンが2つ。マウスのクリックや、消しゴムツールを呼び出すボタンなどとして動作する。

USBや映像端子を手軽に増やす

パソコンのUSBタイプC端子に接続し、計7つの端子を拡張するUSB ハブ。USB端子が少ない携帯ノートなどで使いたい
「M7VC01」(QGeeM)購入価格:3499円
●搭載端子類:USBタイプC(最大100W 給電)、USB3.0×3、SDカードスロット、マイクロSDカードスロット、HDMI出力●サイズ:幅98×奥行き45×高さ14ミリ

スマホやタブレットだけでなく、最近はノートパソコンにも採用が増えているUSBタイプC端子。特にタブレットや一部の携帯ノートでは、通常のUSB端子が少なかったり、あるいはまったくなかったりする場合もある。以前からあるUSB接続の周辺機器、例えばUSBメモリーや外付けHDD、外付け光学ドライブなどを使いたいときは、どうすればいいか。解決策はUSBハブを導入することだ。

本体にはUSB3.0端子が3つと、USBタイプC(充電ポート)、HDMI出力、マイクロSDとSDカードリーダーが1つずつある

今回ピックアップしたQGeeMの「M7VC01」は、USB3.0の端子が3つに、SDカードとマイクロSDカードのスロットが各1つ、さらにHDMIの映像出力端子まで搭載する。パソコンがUSB PD対応なら、このハブをUSBタイプCケーブルで対応充電器と接続し、パソコンへの電力供給をしながら端子を拡張できる。

データの読み書きも高速で快適

カラーは光沢感のあるブラックで、底面のみホワイト。まったく飾り気がなく、ロゴさえ入っていない。ボディーの素材はプラスチックで質感にも乏しいが、徹底したコストダウンに潔さを感じる
「MALS2128EX3-BK」(MARSHAL)購入価格:3180円
●容量:128ギガバイト●インタフェース:USB3.0●サイズ:幅78×奥行き118×高さ15ミリ(実測値)●重さ:118グラム

SSDはHDDと比較して高価なことが多いが、MARSHALのポータブルSSDは128ギガで3180円という安さが魅力。カラーは光沢感のあるブラックで、底面のみホワイト。まったく飾り気がなく、ロゴさえ入っていない。

実測したところ幅78×奥行き118×高さ15ミリと手のひらに収まるコンパクトなボディー。重さも118グラムと軽く、携帯に向く

内部接続はSATAで[注1]、パソコンとはUSB3.0接続となる。USBバスパワーで駆動するため、別途電源に接続する必要はない。幅78×奥行き118×高さ15ミリとコンパクト。重さも118グラムと軽く、HDDに比べ衝撃にも強いので携帯用途に向く。試用時は動作も安定しており、安いことによる欠点はまったく感じなかった。

実際に外付けHDDとスピードを比較したところ、シーケンシャルでの読み出しが約441メガ/秒と約4倍、書き込みは364メガ/秒と約3倍も速かった[注2]。

[注1]非公開のため「CrystalDisklnfo」(ひよひよ氏作)で確認した。

[注2]USBバスパワー駆動のUSB3.0接続2.5インチ外付けHDDと比較。「CrystalDiskMark」(ひよひよ氏作)で計測した。

注目記事
次のページ
パソコンの音をサウンドバーで改善
今こそ始める学び特集