1万円台でも高機能 完全ワイヤレスイヤホン4選「年の差30」最新AV探訪

在宅ワーク推奨によるビデオ会議の普及や、マスク着用時にケーブルとマスクのひもが絡まない、というメリットから、東京・秋葉原などに店舗を構えるヘッドホン・イヤホンの専門店「e☆イヤホン」で、完全ワイヤレスイヤホンの売り上げが昨年比50パーセント増と伸びているという。最近では、価格の手ごろさと高性能を併せ持った1万円台の完全ワイヤレスイヤホンが増えている。平成生まれのライターと昭和世代のオーディオビジュアル評論家が最新の4機種をレビューする。

コロナ禍で完全ワイヤレスイヤホンの需要増

小沼(28歳のライター) 今回は1万円台で買える完全ワイヤレス4機種を聴き比べます。ヘッドホン・イヤホンの専門店「e☆イヤホン」秋葉原店で、完全ワイヤレスイヤホンなどの新品製品を取り扱うフロア長を務める東谷圭人さんにお薦めをうかがいました。

小原(55歳のオーディオビジュアル評論家) この価格帯だと、以前紹介したNoble Audio「FALCON」が人気です(記事「完全無線イヤホンNoble対オーテク 1万円台でも高音質」参照)。オーディオファンが一目置くNoble Audioが1万円台の完全ワイヤレスイヤホンを発売したことで、その後、この価格帯がさらに盛り上がっていますね。

東谷圭人さん はい。「FALCON」はe☆イヤホンの2019年の年間売上金額ランキングの完全ワイヤレスイヤホン部門で5位と非常に売れていて、流れを作った印象があります。

小沼 新型コロナウイルスの影響で、完全ワイヤレスイヤホン市場に変化はありましたか。

東谷 テレワークやウェブ会議中に使用できるイヤホンとして完全ワイヤレスや片耳のヘッドセットを購入する方が増えました。2月から5月の売り上げで昨年と比較すると、完全ワイヤレスイヤホンは3割増、片耳ヘッドセットは4割増です。

小原 なるほど。僕が完全ワイヤレスのありがたみを感じたのは、マスクをしたとき。マスクを外そうとすると、有線のイヤホンのようにひもが絡まることがない。コロナ禍で、完全ワイヤレスイヤホンには、こういう長所もあるんだと感じている人は多いでしょうね。

「e☆イヤホン」秋葉原店の東谷圭人さん

コスパで選ぶならこれ LYPERTEK「TEVI」

東谷 まず、LYPERTEKの「TEVI」(1万円、以下価格はすべてe☆イヤホンによる、税込み)。香港で2017年にブランドを設立した気鋭のメーカーです。

LYPERTEKの「TEVI」。ケースは布地張り
イヤホン本体は比較的小ぶり

小原 最初、聞いたことのないメーカーだなと思いながら使ってみたらすごく音が良くて。「TEVI」は私も注目していました。しかも価格を聞いたら1万円。驚きましたね。

小沼 バッテリーはイヤホン単体で約10時間、ケース併用で約70時間と申し分なく、防水性能もIPX7。1万円ちょうどでこのクオリティーはすごい。音質はいかがでしたか。

小原 若干、低域の薄さとスケール感の物足りなさを感じましたが、バランスも良いし情報量も十分。ピアノトリオを聴きましたが、それぞれの距離感がしっかり分かりました。EDMなど低音を強調したい音楽を聴くのでなければ、オールジャンルで使えるのではないでしょうか。

小沼 僕もスケール感のある音が好きなので、その点はあともう一歩と感じました。ただ、一つ一つの音は聞き取りやすく、J-popなどを聴いていて心地よかったです。

小原 この音質と性能でこの価格ということで、今回4機種の中で一番コストパフォーマンスが良いのは「TEVI」だと思います。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
耳が小さい人向きの小型機種 GLIDiC「Sound Air TW-6
MONO TRENDY連載記事一覧