突然の雨に負けない 街に踏み出せ大人のスニーカー特集 ビジネス向け最新防水シューズ(下)

新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、混雑する公共交通機関を避ける人が増えている。また、在宅勤務による運動不足解消で、以前より長い距離を歩いている人も多いだろう。梅雨や急な雨に備えて用意しておきたいのが、防水シューズだ。今は、防水靴に見えないデザインが主流で、蒸れにくい設計のシューズも多く、使い勝手が良い。梅雨に限らず1年を通して履ける作りとなっている。

今回はそんな防水シューズの中から、休日の街歩きに最適なスニーカータイプを紹介する。注目したいのは大人のカジュアルスタイルに適した品のよいデザインと、スニーカーならではの歩きやすさだ。

一体成型シューズにゴアテックスを搭載

エコー「ST.1 LITE MEN’S GTX」(2万4000円、税別、以下同)

デンマーク発の靴メーカーのエコーは、防水透湿性に優れたゴアテックス搭載スニーカーを数多く展開している。今回紹介するシューズも、同社を代表するアスレジャータイプのスニーカー「ST.1」の軽量モデルに、ゴアテックスを搭載した注目作だ。

ゴアテックスは防水性と透湿性を兼ね備えたメンブレン(膜)。靴のアッパー部分の生地(あるいは生地と生地の間)に圧着することで、外部からの雨水の浸入を防ぐとともに、靴内部の蒸れを軽減する機能を持つ。

アッパーには軽くて強靱(きょうじん)なヤクの革を使用し、パンチング加工を施すなどスタイリッシュに仕上げている。ソールには独自のショックスルーテクノロジーを採用。前に足を押し出すような衝撃吸収性と、柔らかな履き心地を実現しているという。

同社のスニーカーは、アッパーとソールを一体成型しているのも特徴だ。凹凸のある足裏の形を再現し履き心地に優れることに加え、靴自体の強度が増し、すき間からの浸水も防ぐ。

前作からアップデートして20年2月に発売。「2月のST.1シリーズ全体の売り上げは前年同月比186%と好調だった」(エコー・ジャパンのマーチャンダイジング マネージャー関根保男氏)。購買層は20代後半~40代の男性と幅広く、防水シューズの中でもデザインにこだわりを持つ人から支持されているという。

ヤクレザーのアッパーにゴアテックスを採用。雨の日も快適に歩ける

シーンを問わない汎用性の高さが魅力

ホカ オネオネ「CHALLENGER LOW GTX WIDE」(2万5000円)

抜群のクッション性とスムーズな足運びを可能にする、分厚いミッドソールが特徴の米デッカーズ社の「ホカ オネオネ」のランニングシューズ。ランニングカテゴリーの枠を超えてファッションシーンからも注目される同ブランドも、ゴアテックス搭載モデルをラインアップしている。

全路面対応で、トレイルはもちろんロードでも使用できる人気モデル「CHALLENGER ATR 5」をベースに、防水透湿性に優れたゴアテックスファブリクスを採用した本作。アッパーに使用しているヌバックレザーにも防水加工が施されており、水の染み込みを防ぐ。

4ミリの溝が入ったラバー製アウトソールにより、ぬれた路面でも滑りにくい点も特徴だ。クッション性やグリップ力はそのままに、悪天候においても快適な着用を可能にした。ランニング、ハイキング、街歩きなど幅広いシーンで活躍する一足となっている。

デッカーズジャパンのホカ オネオネPR柿崎愛氏も「汎用性の高さが支持を得ている」と話す。1足でマルチユースが可能なため、アウトドアでの着用はもちろんのこと、旅行や出張先でも使用でき、荷物のミニマル化にも役立つとしている。

防水ヌバックレザーとゴアテックスファブリクスを用いたアッパーで優れた防水性を実現
次のページ
はっ水レザーを使用したコートシューズ
MONO TRENDY連載記事一覧