シルクのような高級感 「台襟」付きでドレッシーに

「EDIFICE(エディフィス)渋谷スクランブルスクエア店」の濱田孝寛氏にも話を聞いた。オリジナルで手がけている「バーズアイ シルケットポロシャツ」が人気だそうだ。

「おもて面には糸のけば立ちをなくす特殊な加工を施しているので、シルクのような高級感があります。生地の裏面は細かな凹凸を付けることで、肌との接触面積を減らす工夫をしています。見た目の高級感だけでなく、暑さも感じにくい一着です」

特殊な薬品に漬け、糸の毛羽立ちをなくす「シルケット加工」を施したポロシャツ。ごく細かなドットが施されたバーズアイ柄が特徴。ビジネスカジュアルの着こなしを想定し、ジャストサイズで作られている。 EDIFICE / バーズアイ シルケット ポロシャツ 1万780円(税込み)

大人の男性に向けた、上品な日常着を展開するEDIFICE。そのこだわりも随所に見える。

「襟と身頃の間に、『台襟』というドレスシャツによく使われるパーツがついています。襟を立体的に見せることで、顔まわりをエレガントに演出するディテール。裾にはスリットが入っているので、タックアウトした際もドレッシーな印象で着ていただけます」

台襟付きの襟元は立体的な仕上がり
襟まわりが「フツー」のポロシャツとは違う印象

色はグレー、ブラウン、濃淡が異なる2つのネイビーの4種類を展開している。特にビジネスシーンと相性のいい色はあるのだろうか。

「淡いネイビーは主張が強すぎないので、特に取り入れやすいと思います。顔まわりが明るく見えるので、ビデオ会議の際に着ていただくのもおすすめですね」と語ってくれた。

和紙の機能で差をつける ボタンの配置にも工夫

FACYに寄せられた投稿の中には、「周囲と差別化するためのアイテム」を探す声も多く見られた。夏のコーディネートはシンプルになりやすいため、素材やデザインにひねりのあるものを探すユーザーも多いようだ。

「Sig FREAK'S STORE(シグフリークスストア)新宿ルミネ2店」の奥村隼也氏は、和紙を練りこんだ生地を使用したユニークな一着を薦めてくれた。

「和紙が使われているというインパクトだけでなく、高い機能性が魅力の一着です。吸放湿性に優れているので蒸れにくい。抗菌作用が高いため消臭効果もある。実は、夏服に最適な素材です」

次世代のライフスタイルに寄り添ったビジネスウエア、デイリーウエアを展開するブランド。和紙素材をコットンに練りこんだ特殊な生地を使用している。ややゆったりとしたトレンド感のあるサイジングだ。洗濯は他の衣類と同様のやり方で問題ないそう。 Sig FREAK'S STORE / WACLOTH POLO 8250円(税込み)

首まわりに注目すると、襟元の3つのボタンの距離が等間隔ではないことにも気づく。理由を尋ねると、胸元を開けることが増えた近年の着こなしを意識しているという。

「従来のポロシャツの場合、第一ボタンと第二ボタンの間隔が広く、第二ボタンまで開けるとラフな印象を与えかねません。そこでボタンの間隔を狭めることで、第二ボタンまで抵抗なく開けられるように設計されています」

あえて異なる間隔にしたボタン
和紙の素材感が際立つホワイトのほか、コーディネートを引き締めるブラックも展開している

ビジネスシーンでのおすすめの着こなしについても、奥村氏に尋ねた。

「ボトムスはジャストサイズではなく、やや太めでテーパードの効いたスラックスを選ぶことで、適度な遊び心を演出できます。このポロシャツは生地の艶が控えめなので、対比させる意味で光沢感のある素材のアイテムと組み合わせたいですね。足元には、革靴の代わりにレザースニーカーを合わせてみるのはいかがでしょうか」

文:FACY編集部 山梨幸輝(https://facy.jp/)


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram