上半期視聴率 NHK朝ドラ、志村さんの特集が上位に

新型コロナウイルスの影響で、4月からドラマ収録やバラエティーのロケが中止になる異例の事態だったが、2020年上半期のテレビはどんなヒットが生まれたのか。1月1日~5月10日のビデオリサーチ関東地区調べのデータで、ドラマとバラエティーを各回の「平均世帯視聴率」の最高値でランキングした。ドラマで際立ったのは、NHKの連続テレビ小説の強さ。バラエティーでは、3月29日に新型コロナウイルス感染症で亡くなった志村けんさんを特集した番組が上位を占めた。

番組ごとの各回の「平均世帯視聴率」の最高値で作成。放送分数15分以下の番組は除く。調査期間は2020年1月1日~5月10日、ビデオリサーチ関東地区調べ。
NHK総合ほかで月~土曜日に放送中の『エール』がドラマ最高視聴率ランキングで1位になった

ドラマは近年の例にもれず、NHKの連続テレビ小説が強い。『エール』が1位、3月に最終回を迎えた『スカーレット』が2位となった。

『エール』では、作曲家の古関裕而をモデルとする主人公・裕一の人物像を窪田正孝が繊細に表現し、その妻の音を二階堂ふみが生き生きと演じている。心を閉ざした裕一のため音が奮闘する姿が描かれた5月7日に21.5%を記録。6月から放送は一時休止中だが、調査期間外の5月19日には番組最高の22.1%を獲得するなど、上り調子だ。

『スカーレット』は、主人公の病気の息子、武志(伊藤健太郎)が病状悪化と闘いながら新たな決意をする最終週の3月24日の回で、20.8%をマーク。同じNHKの作品では、大河ドラマ『麒麟がくる』の初回放送が19.1%で4位。

3位には、竹内涼真主演のTBS『テセウスの船』が入った。父親の冤罪(えんざい)を晴らすため、「過去を変える」タブーに挑むヒューマンミステリー。後半から視聴率が伸び始め、最終回で19.6%まで上昇した。TBSは今回健闘を見せており、やはり視聴率が後伸びした『恋はつづくよどこまでも』は最終回で15.4%となり、7位にランクイン。

このほか、定番人気の『相棒』が5位、そして4月期ドラマでは『警視庁・捜査一課長2020』が9位、『特捜9 season3』が10位と、いずれもテレビ朝日のドラマがトップ10に入った。

録画機会が多いドラマは、「タイムシフト」視聴も興味深い指標になる。ビデオリサーチでは、放送から7日(168時間)内の視聴実態をタイムシフト視聴率として公表している。こちらを最高視聴率でランキング化すると、『テセウスの船』と『恋はつづくよどこまでも』が1位と2位という結果に。そして3位には、視聴率ランキングで前編が8位に入った、フジテレビの特別企画『教場』の後編がランクインした。3位タイにはシリーズもののフジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』が入っている。

注目記事
次のページ
志村けんさん特集がランキングの上位に
今こそ始める学び特集