自宅の食事をおいしく ワンランク上げる家電・グッズ

日経トレンディ

日経トレンディ

テレワークが一般的になるアフターコロナの時代だからこそ、自宅でもおいしいものを食べたり飲んだりしたい。

例えば簡単に済ませてきた朝食は、喫茶店で飲むようなひきたてのコーヒーや、焼き釜から取り出したばかりのパン、さらにギリシャヨーグルトを添えて食卓を彩ってみる。幸い、ここ数年キッチングッズやキッチン家電が進化しており、わずかな投資でいつもの食事を手軽にパワーアップできる。

例えば4月に鋳物メーカーの愛知ドビーが発売した「バーミキュラ フライパン」は、素材のうまみを凝縮できることをうたう製品だ。特殊なホーローと蓄熱性の高い鋳鉄を組み合わせた素材を使うことで、食材の水分を瞬間蒸発可能にした。あたかもプロの料理人が店舗の高火力コンロで鍋振りしたような料理が家庭でも実現可能になるという。目玉焼きから野菜いためまでなんでもおいしくできるとあって、公式オンラインショップでは納期が10月下旬(7月2日現在)となるなど人気商品だ。

外出自粛で一気に市民権を得た「Zoom飲み会」も、グレードアップを図りたい。ビール党には、グリーンハウスの「スタンドビールサーバー」がお勧め。マシンに缶ビールや瓶ビールをセットすると、グラスに注ぐ最後の段階でビールに1秒間に約4万回の振動を与えてクリーミーな泡を作ってくれる。まるでビアホールで飲むようなビールができあがる。

ほかにも一人暮らし向けにぴったりのグッズや家電も数多くあるので、ぜひ試してみてほしい。

目覚めの1杯、豆からひきたてを

「siroca コーン式全自動 コーヒーメーカー SC-C111」(シロカ)実勢価格1万7380円(税込み)

豆をひいてコーヒーを作るまで全自動でできるコーヒーメーカー。摩擦熱が少なく粒度が一定になる「コーン式ミル」を採用しており、出来上がりの香りが高くなるのが特徴。予約機能があり、セットした時間になると豆がひかれる。いつでも出来たてのコーヒーを楽しめる。

杯数分の豆を自動計量でひく仕組み。最大4杯分まで作れる

香り高い「トースト」をしっとりに焼く

「三菱ブレッドオーブン」(三菱電機)実勢価格3万3000円(税込み)

上部と下部のフラットヒーターで1枚のパンを挟み、密封シールで熱を閉じ込めながらじっくりと焼くことができる。この構造により水分が逃げにくくなり、通常のトースターより水分の抜け具合は半分以下になるという。その分しっとりと焼き上がる。香りが良いのもメリットだ。焼き加減は5段階に調整可能。

上下のヒーターはプレート状になっており、食パンの下側はフライパンのように焼き上げる。焼き網と違って水分が逃げにくいメリットがある。冷凍パンもセット可能

煙を気にせずスモークチーズ作り

「スモーク&ロースター けむらん亭」(パナソニック)実勢価格2万9700円(税込み)

強制ファンと14層の触媒フィルターによる徹底的な除煙・脱臭の工夫により、部屋の中でも気軽に薫製作りに挑戦できる。専用トレイの底に薫製チップをセットし、食材を置いたら、アルミ箔で包んでボタンを押すだけ。

ギリシャヨーグルトを自家製で

「クビンス ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM」(NUC JAPAN)実勢価格1万2980円(税込み)

牛乳と種菌となるヨーグルトをセットすることで、8時間かけてギリシャヨーグルトを作ることができる。他にもチーズや納豆など100種類以上の発酵食品に対応している。容器は最大2リットルと大きいため、大家族の朝食分のヨーグルトも一気に作れる。

まるでお店で食べる「やわふわ」かき氷

「電動わた雪かき氷器」(ドウシシャ)実勢価格1万450円(税込み)

ヒーター機能を内蔵しており、氷を温めながら削る仕組み。これにより、店で食べるようなふわふわの柔らかい繊維状になっているかき氷を自宅でも手軽に作ることができる。刃の高さも微調整可能で、自分好みの食感に近づけられる。

水分瞬間蒸発でプロの味をまねる

「バーミキュラ フライパン 26cm」(愛知ドビー)実勢価格1万6830円(税込み)

ホーローと鋳鉄を組み合わせ、食材の水分を瞬間蒸発させる独自の「エナメルサーモテクノロジー」を採用したフライパン。通常ホーローのフライパンは3~5ミリと厚みがあるが、最薄部を1.5ミリと薄くするなどの工夫で軽量化(約1キロ)にも成功している。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
「目の付け所」でワインをひんやりキープ
MONO TRENDY連載記事一覧