「生」が帰ってくる喜び 演劇公演再開へ(井上芳雄)第72回

井上芳雄です。演劇の公演が再び動き出しました。7月、8月と僕が出演する舞台も発表されました。7月は日比谷シアタークリエで『SHOW-ISMS』というショー形式、8月はミュージカル『ナイツ・テイル-騎士物語-』をコンサート形式で上演します。新型コロナウイルスはまだ収束していないので安心も油断もできませんが、そんななかでも公演再開を発表できて、そこに向かってまた進める状況になったことには素直にうれしい気持ちでいっぱいです。

帝国劇場に立つ井上芳雄。7月は日比谷シアタークリエで『SHOW-ISMS』の『DRAMATICA/ROMANTICA』(7月20~25日)のバージョンに出演。8月は『ミュージカル「ナイツ・テイル」inシンフォニックコンサート』に出演する

僕の舞台再開の最初は、シアタークリエでの『SHOW-ISMS』。演出家の小林香さんが手がけられているオリジナルのショーやミュージカルのシリーズ『SHOW-ism』のスペシャル版ともいえる舞台です。9作目にあたる『マトリョーシカ』は公演中止となりましたが、その『マトリョーシカ』のキャストに加えて、歴代公演のキャストが集まり、過去の公演時の曲と新たに書き下ろされた『マトリョーシカ』のオリジナル楽曲を加えたショーを、2つのバージョンで上演することになりました。僕は公演期間の前半、『DRAMATICA/ROMANTICA』(7月20~25日)のバージョンに出演します。

『DRAMATICA/ROMANTICA』はシリーズ第1弾として10年前に上演した作品で、小林さんの演出家デビュー作。僕にとっても思い入れの深い作品です。出演者は彩吹真央さん、JKimさん、僕の妻の知念里奈さん、新妻聖子さんと僕で、僕以外は全員女性。小林さんから最初にお話をいただいたときは、ライブ配信だけになるかもしれないとのことでした。キャストの方々に相談したところ、ようやく演劇公演が再開できるというときに、またみんなが集まれるのはすごく意味があることなので、ぜひやりましょうと。その後、客席の半分くらいお客さまを入れられることになり、一部の公演回ではライブ配信も実施することとなりました。

公演期間の後半は、ほかの『SHOW-ism』シリーズのキャストの方たちが加わっての『マトリョーシカ』のバージョンになります。こういう形の公演も、やっぱり今だからこそ。役者はみんな、やれることがあったらやりたいと今まで以上に思っているでしょうから、多くの人が参加できるのはみんなうれしいと思います。ショーなので、いろんな人が出たり、いろんな曲を歌ったりがやりやすいということもあります。

これがお芝居だと、物語の展開上、役者同士がどうやって距離を保つかとか難しいこともあるでしょう。ショーは歌ったり踊ったりなので、お互いが離れるような振り付けにするといった工夫ができます。今はまだどんな演劇でも再開できるわけではないと思いますが、ショーだったりコンサートだったりの形式なら、比較的始めやすいように思います。

『ミュージカル「ナイツ・テイル」inシンフォニックコンサート』は東京芸術劇場コンサートホール(8月10~13日)と東京オペラシティコンサートホール(8月18~22日)で上演される

そのコンサート形式で上演するのが『ミュージカル「ナイツ・テイル」inシンフォニックコンサート』です。『ナイツ・テイル』は2018年夏に帝国劇場で世界初演した新作ミュージカルで、堂本光一君と初めて共演した舞台です。2人の騎士が同じ女性を好きになり、決闘を挑むというストーリーで、シェークスピアの最後の作品として知られる『二人の貴公子』(共作:ジョン・フレッチャー)を基に、世界的な演出家のジョン・ケアードが脚本・演出を手がけました。今回は約50人の東京フィルハーモニー交響楽団との共演で、東京芸術劇場コンサートホール(8月10~13日)と東京オペラシティコンサートホール(8月18~22日)で上演します。お客さまが入るのは、それぞれ客席数の半分くらいになります。

今回のコンサート形式は、コロナ禍への対応でそうなったわけではなく、来年の本公演再演に向けてもともと構想がありました。スケジュールや規模の点ですぐには再演できなかったけど、あまり間が空くとお客さまの思いや記憶も薄れてくるだろうから、今年はコンサート版というまた違った楽しみ方でお届けして、来年の再演に備えようということでした。それが図らずも、今の状況下での上演形態にぴったり合うことになりました。

演出のジョンはロンドン、音楽監督のブラッド・ハークはニューヨークにいて、それぞれコロナの影響で国を出られないので、東京とロンドンとニューヨークを結んだリモートで稽古をします。東京で夕方から始めると、ロンドンは午前、ニューヨークは早朝という感じです。時間を短縮したり、みんなが集まらずに個別でやったり、いろんな感染予防の対策をして稽古した上で上演に至ることになると思います。

全ナンバーをオーケストラバージョンにリアレンジして、光一君と僕はそれぞれ役の新曲を初披露します。劇中の衣装はつけずに、スーツやドレスを着るコンサートのスタイルで歌うことになると思います。本公演と同じく和太鼓や和楽器も参加して、フルオーケストラで、生の歌声で、お客さまも半分ではありますが入って……この夏ようやくライブエンタテインメントが帰ってきます。「生」の楽しみを存分に味わえると思うので、お客さまにはすごく喜んでもらえるでしょうし、僕も楽しみです。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
仲間たちと久しぶりに再会
エンタメ!連載記事一覧