日南響子 ヴィヴィアンの指輪、肌身離さず3代目に

モデル、女優として活躍する日南響子さんが「手放せないモノ」と語るのは、ヴィヴィアン・ウエストウッドの指輪だった
モデル、女優として活躍する日南響子さんが「手放せないモノ」と語るのは、ヴィヴィアン・ウエストウッドの指輪だった

モデル、女優として活躍し、映画『銃 2020』に主演する日南響子さん。「珠麟-しゅりん-」名義で音楽活動も行う26歳の彼女が手放せないものは、ヴィヴィアン・ウエストウッドのほど良い重厚感と存在感で、印象的な手元を演出する指輪だった。

ヴィヴィアンの指輪と、9羽の小鳥

「ヴィヴィアンの指輪は同じものを買い続けて、これが3代目です。最初に買ったのは、19歳か20歳の時。特にブランドが好きで買ったわけではなく、見た瞬間に『これ、着けたい!』と思ったので、お金をためて、買って、はめてみたら、着け心地がすごく良かったんです。関節を挟んでリングが2つあるので動きが制限されそうですけど、そんなことなくて、普通にグッパーできる(笑)。それから、この重さが良くて。毎日着けるには重そうだなと思ったんですけど、不思議としっくりきて、だんだんこの重さが指にないと落ち着かないレベルに。だから自宅でも、寝る時とお風呂以外はずっと着けています」

ヴィヴィアン・ウエストウッドの「KNUCKLE DUSTER(ナックルダスター)」。左手の人さし指に着けているリングも同モデル。「これは1代目。壊れたまま、これだけで着けてる人はいないから、『いや、これもまたいいやん』と思って、それから着けてます」

「使えば使うほど味が出るところも好きですね。普通、新しいものを買って傷が付くと、悲しい気持ちになるじゃないですか。でもこの指輪は、傷付いてナンボ、みたいな。傷付いたり汚れたりしても、それがカッコイイと思えて、愛着が湧くところがいいです」

「すごく気に入ったので、1代目が壊れた時に、買い直して。その2代目が去年、映画の撮影中に壊れたのでSNS(交流サイト)に載せたら、事務所の方が買ってきてくれたんですよ。そこからこのプレゼントしていただいた3代目を、肌身離さず着けています」

この「KNUCKLE DUSTER(ナックルダスター)」のリングをきっかけにヴィヴィアン・ウエストウッドにハマり、財布や定期入れなども購入。そのデザインについて、「色の使い方が面白い。例えば定期入れは紫と黄色のヘビ柄で、普段の私は絶対に選ばない奇抜さ。でもヴィヴィアンには、それを買わせる不思議な力があるんです」と話す。

もう一つ日南さんを虜(とりこ)にしているものが、鳥だ。5年ほど前からブンチョウやインコなどを飼い始め、現在は9羽と暮らしている。

「京都で遊女をテーマにジャケット写真を撮った時に、大きいペットショップがあると聞いて行ってみたんです。そうしたら、たまたまそこにいた一羽に電波が立ってしまって(笑)。『これは!』と思ったら、私と同じ愛知出身の子だったんです。『これはご縁があるな』と迷わずお迎えしました」

「最初は、大変でしたね。それまで犬や猫は飼ってきたんですけど、鳥は繊細な生き物なので、全然勝手が違う。いろいろ調べて、試行錯誤しながら飼い始めました。そうしたら意外とちゃんと言うことを聞いてくれて。私が悩んでたら一緒に悩んでくれるし、悲しんでたら、心配してくれる。男の子は特に素直で、楽しい時は歌ったり踊ったりして、『触って!』と、スリスリすり寄ってくる。私はそれを見てるだけで気分が上がって、気分が沈んでいても、『もう私、がんばれる!』ってなります(笑)。それに鳥は癒やしの匂いを発しているらしくて、一緒にいるだけで癒やされる。寝る時は鳥かごに入れますが、あとは基本的に、部屋の中。今は9羽の鳥が、家の中を飛び回っています」

鳥が間違って食べたらいけないので、極力部屋には何も置かないようにして生活をしているという日南さん。「あるのは鳥のモノとご飯を食べる机とベッドくらいです」
注目記事
次のページ
楽器を持ったことで、新しい扉が開いた
今こそ始める学び特集