5Gでも4万円 高機能「中華スマホ」は買い得か佐野正弘のモバイル最前線

ファーウェイの「HUAWEI P40 lite 5G」は5Gに対応しながら、値段は4万円前後と安い

中国メーカーが低価格のSIMフリースマートフォンを相次いで日本に投入している。いずれも2万~4万円程度と安価ながら、4眼カメラやFeliCa(おサイフケータイ)の搭載、さらには次世代通信規格「5G」への対応など、低価格モデルの常識を覆す充実した機能・性能を備えているのが特徴だ。これらの機種は購入してよいのか。各機種がどういった人に向いているのかを確認してみよう。

5G対応で4万円切りを実現したファーウェイ

中国メーカー製のスマホ、いわゆる「中華スマホ」は、低価格ながらも普段使いに不足のない性能を備えることで国内でも一定の人気を得てきた。だが、過去に販売されていた製品の中には、機能・性能が不足しており、誰にでも薦められるとは限らない製品が散見されたのも事実だ。

しかしながら20年6月に各社から投入されたスマホを見ると、2万~4万円程度という安価な値段を実現しながらも、6インチ台の大画面ディスプレーを搭載し、高価なハイエンドモデルに近い機能や性能を備えたものが増えている。

国内のSIMフリースマホ市場でトップシェアを獲得してきた華為技術(ファーウェイ)は、低価格スマホのラインアップとして新たに「HUAWEI P40 lite 5G」と「HUAWEI P40 lite E」の2機種を用意した。

HUAWEI P40 lite 5Gは、その名前の通り新しい通信規格である「5G」に対応しながら4万円強、EC(電子商取引)サイトによっては3万9800円と4万円を切る低価格を実現している。携帯電話事業者が提供している5G対応スマホは10万円近い高額モデルが多い中にあって半額以下で5Gが利用できるのは貴重な存在だ。安価に5Gを体験したいなら現在のところほぼ唯一の選択肢となるだろう。

HUAWEI P40 lite 5Gの特徴はそれだけではない。メインカメラは4眼カメラ構造を採用、超広角撮影やマクロ撮影など幅広い撮影ができる。そのうち標準カメラは約6400万画素とハイエンドモデル並みの画素数を持つイメージセンサーを採用しており、高精細な撮影が可能となっている。

HUAWEI P40 lite 5Gの背面を見ると4つのカメラが搭載されているのがわかる。このうち最もよく利用する標準カメラは、約6400万画素と高い画素数を誇る

もう1つのHUAWEI P40 lite Eは、通信は4Gのみとなるが実売2万5000円前後といっそうの低価格を実現している。それでいて約4800万画素のカメラをはじめとしたトリプルカメラ構造を採用するなど、かなりお買い得感のあるモデルだ。価格性能比にこだわる人なら選びたいモデルといえる。

ファーウェイの「HUAWEI P40 lite E」は5G非対応で、カメラも3つに減らすなど、いっそうの低コスト化を進めた。2万5000円前後で購入できる低価格が魅力だ

ただしファーウェイは現在米政府から制裁を受けている関係で、スマホの新機種にアプリ配信ストア「Google Play」をはじめとするグーグル製アプリやサービスをインストールして販売することができない。独自のアプリストア「HUAWEI AppGallery」が用意されており「LINE」などの利用は可能だが、「Googleマップ」「YouTube」などのグーグル製アプリを中心に、一般に利用されているアプリの多くが使えないことには注意が必要だろう。

注目記事
次のページ
オッポの新機種は防水・FeliCaにこだわり
今こそ始める学び特集